宮迫博之のテレビ復帰を遅らせる“黒いウワサ”拡散の真相

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
田村亮とは違い、なかなかテレビ復帰の兆しが見えない宮迫(‘19年)

ロンドンブーツ1号2号の田村亮が2月27日配信のネット番組AbemaTV『ロンドンハーツAbema特別編』で、本格的に映像での復帰を果たした。その布石を打ち、4月に地上波の『ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)で復帰するという。

「テレ朝の人気番組を複数手掛ける加地倫三プロデューサーは『ロンドンハーツ』のほか『アメトーーク!』も担当しています。亮さんと同時期にテレビから消えた宮迫博之さんは、亮さんだけ復帰できることを知り忸怩たる思いでしょうね」(テレビ局関係者)

宮迫は自身のYouTubeチャンネルを毎日更新。再生回数は当初より伸び悩みつつも、過去のバラエティー番組で人気を博したキャラクターや人気YouTuberと外でロケをするなど積極的に活動しコンスタントに再生回数を稼いでいる。登録者数も62万人(3月4日現在)を超えており、人気チャンネルになったといえるだろう。

宮迫は現在どんな心境なのか近い芸能プロ関係者はいう。

「宮迫さんは現在YouTubeで試行錯誤して面白いことをやりながら世間に徐々に認めてもらうことができたら、テレビ復帰ができると希望を持っています。特に蛍原さんとのレギュラー番組に戻りたいという気持ちが強い。しかし先日も吉本の幹部と話し合ったそうですが、吉本サイドは相変わらず渋った。“クビ”の状態のまま何の進展もしなかった。エージェント契約すら認めてもらえていない状況です」

淳と作った会社を通じてとはいえ、吉本とエージェント契約を結びテレビ復帰秒読みの田村亮。一方の宮迫はYouTubeでの活動はしても、吉本との契約問題は一歩も進んでいない。

さらに、宮迫のテレビ復帰を阻む、こんな事態も。

「明石家さんまさんなどの計らいによって、宮迫さんが復帰しそうになる兆しを見せると同時に、なぜか宮迫さんの悪い噂が報じられる。実際に1月30日に人気ユーチューバーとのヒカル氏コラボ動画で、宮迫さんは訴えていました。“なぜか宮迫はクスリやってる、麻取が動いているとか。麻取動くな!やってないっちゅうねん!”と怒っていた。さらには反社と飲んでいたとか、写真がまだまだあるなどのウワサも定期的に上がりますよね。誰かがそういった情報を意図的に流していることは間違いありません。テレビ復帰したい宮迫さんにとってはかなりの弊害でしょう」(芸能レポーター)

過去に薬物に手を染め逮捕されたタレントでも、芸能界復帰している。それ以上に“犯罪者級”の扱いを受け続けている宮迫には、まだまだ越えなければいけない壁が多くありそうだ。

  • PHOTO等々力 純生

Photo Gallary1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事