「後輩いじめ」TKO木下・松竹芸能を突然退所の真相

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

なぜ突然…?

芸人仲間と夜遊び

松竹芸能のお笑い部門を長らくけん引してきた芸歴30年のベテランコンビ・TKOの木下隆行(48)が、このたび松竹芸能を退所することが発表された。表向きは「円満退所」とされているが、「事務所は、度重なる木下さんの悪行に愛想を尽かしたのです」と松竹芸能の関係者は明かす。

「昨年10月から、木下さんはテレビを中心としたメディアへの出演を〝自粛〝していました。きっかけは、18年末に起こった松竹内でのいざこざでした。

後輩芸人・オジンオズボーンの篠宮さんと同じ舞台に出演した際、篠宮さんのいじりにキレた木下さんが、ライブ後の楽屋で篠宮さんの顔面めがけてペットボトルを投げつけたのです。それが昨年9月に週刊誌に報じられたことが松竹芸能内で問題視され、木下さんは事実上の謹慎状態となっていた」

たかだかその程度のトラブルで……と思うなかれ。TKO木下の後輩への悪行や金銭に関するトラブルは、後輩芸人やスタッフ、マネージャーを通じてたびたび松竹に報告されていたという。

「よゐこの濱口さんと南明奈さんの結婚を祝うパーティーが開かれた際、木下さんは後輩から会費を集めたのです。それを、濱口さんが『若い芸人から取るのは酷だから』と、パーティーにかかったお金を全部負担したのですが、木下さんは集めたお金を後輩に返金しなかった。

このように、後輩から集めた飲み代を自分の懐に入れたり、クラブで後輩芸人に女をナンパさせたり、電話で後輩をどなりつけたりということがいくつもあった。ひとつひとつは小さなことかもしれませんが、先輩芸人やベテランスタッフがどれだけ注意をしても、一向に態度が改まる気配がなかった。そこで、反省を促す期間をもうけるということで、10月から〝謹慎〝を命じられたというわけです」(同)

その後、木下は反省の色を見せるためか四国へお遍路巡りに旅立ったが、自転車に乗ってお遍路を回っていることがなぜか松竹に伝わってしまったという。お遍路には自転車コースもあるが、それが悪いように解釈されてしまうところに、木下の窮状ぶりが見てとれる。

結局、そんな木下に松竹が愛想を尽かし、このたび「退所」となったという。

「表面上は円満退所という形をとっていますが、事実上の『解雇』といったほうがいいのではないでしょうか。木下さんの懇願を聞き入れて『円満退社』の形をとることになった、と聞いています。

本当は2月の末に発表する予定だったのですが、これも木下さんから『せめてお世話になった先輩や関係者には自分から連絡したいから、その時間が欲しい』との願いを聞き入れて、少しだけ発表を遅らせることになったようです」

相方の木本は松竹芸能に残るが、木下は松竹芸能を離れたあと、フリーで芸能活動を続ける予定だという。事務所によると、本人が反省を見せた後、復帰もあり得るというが……。TKOとは、ボクシングなどの試合途中にレフェリーが試合をストップすることを指す。現状では、木下は松竹芸能からTKOを下された、ということだ。

  • PHOTO川上孝夫

Photo Gallary1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事