人気者の素顔をぶっちゃけ! ダウンタウン、くりぃむしちゅーほか

お笑い芸人匿名座談会

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

“お笑い界のカリスマ”松本が注力しているのが筋トレ。週3でジムに通い、ベンチプレスは130kg超え!

芸人A 去年のKOC(キングオブコント)で2位になった『にゃんこスター』がコンビでありつつ、恋人同士でもあることが話題になったけど、最近、仲良しコンビが目立つよね。

芸人B あいつら「恋愛8、仕事2」なんて言うてますからね。

芸人A テレビで観る芸人のネタも面白いけど、こうして控え室でぶっちゃける話が一番、面白かったりするよな。

芸人B なかでも、テッパンネタは「コンビの不仲」ですかね。

芸人C 舞台では仲良しでも、携帯の番号知らんコンビ、いますから。

芸人D マネージャー経由で話をすれば事足りますからね。

芸人C ただ、『ダウンタウン』さんは、酒を飲みながらトークする番組(フジテレビ系『ダウンタウンなう』)での掛け合いを見てたら、「仲いいんだな〜」ってわかりますよね。

芸人A あそこはたしか小学校からのコンビだから40年以上か。親よりずっと長いこと一緒にいるわけだから。

芸人D 松本人志さんに娘さんが生まれたとき、インフルエンザにかかったマネージャーが現場に来たことがあったんですけど、浜田雅功さんが、「(松本の)子どもにインフルがうつったら、どないするんや!」とブチ切れたそうです(笑)。

芸人A 俺が知ってる中では、野爆(『野性爆弾』)が一番仲いいな。あそこは幼稚園から一緒だっけ。コンビって付き合いの長さがモノを言うところがある。夫婦みたいなモンで、イラッとすることはあるけど、そこに憎しみはない。

芸人B 『野爆』は、誰よりもお互いを見てますよね。くっきーさんのボケに一番早く反応して笑うのが相方のロッシーさん。くっきーさんの言動で、まわりがイライラしてても、ロッシーさんだけは愛(いと)おしそうに見てますから(笑)。

芸人D 『とんねるず』も高校時代からのコンビで、やっぱり仲がいい。一見、石橋貴明さんがイケイケに見えますけど、実は木梨憲武さんのほうが破天荒。二人が所属している事務所の社長が石橋さんだから、いろいろフォローしてるみたいです。兄弟コンビ以外で、下の名前で呼び合っているのは、『とんねるず』くらいじゃないですかね?

『くりぃむしちゅー』も高校の同級生ですけど、あの二人、知らずに同じタレントと付き合って”兄弟”になっていたという逸話があります(笑)。

芸人A 『チュートリアル』は幼稚園からか。あそこも同級生だったよね。

芸人C 『次長課長』さんも中学からのコンビ。いまは互いに連絡を取ることもないし、二人でメシに行ったのも学生時代が最後らしいですけど、全然、ケンカにならない。楽屋で何かモメて空気がピンと張りつめたら、河本準一さんか井上聡さんか、どちらかがスッと楽屋を出ていく。生きてきた中で一番、付き合いが長い人と、まずドツキ合いのケンカにはならない。いまさら別れる理由も見つからない。もはや熟年夫婦ですね。

芸人A それでも『次長課長』がブレイクして、寝る時間もないほど仕事がパンパンだったころはヤバかったみたいよ。ずっと一緒で逃げ場がないから気が休まらない。新幹線でどこに座るかで、「なんで毎回毎回、お前が通路側でワシが奥に座らなアカンねん!」とモメたとか。

芸人B タクシーの座席の真ん中にボコッて出っ張ったトコがあるでしょ? あれを巡っても「これは共有スペースや。なんでお前がいつも足かけるねん」とケンカしたんだそうです。

3月1日、『岡村隆史のオールナイトニッポン』にゲスト出演した後、反省会会場の西麻布のバーへ向かう石橋

’04年に本誌がスクープした深田恭子(左)と『くりぃむ』有田のお泊まり愛。二人は丸1日、有田宅で過ごした

司会者としても高評価の『くりぃむ』上田晋也。「仕事のオファーは有田より圧倒的に多い」(芸能プロ幹部)

『次長課長』河本の誕生会には『麒麟』の田村裕ら芸人がズラリ。アバター(右)に扮しているのはRGだ

本番中に殴り合いのケンカ

芸人C 会いすぎてイライラしてるときって、ネタの間(ま)も違ってくる。「こいつ、ガンガンくるな」とか、「声小(ち)っちゃすぎ。飽きてるな」とか。すぐわかるんですよ。

芸人B リズムネタをやってるコンビにとっては死活問題ですわ。劇場での出番の合間にパチンコに行ってるヤツがいて、バンバン球が出てるときは早く終わらせてパチンコに戻りたいから、ネタが早くなりすぎてスポーツみたいになる。

逆に負けが込むとテンションが下がって、ネタがスローになって……どちらにしてもウケへんという(笑)。

芸人A 『オリエンタルラジオ』は、右も左もわからないデビュー1年目に売れてしまった。ストレスがハンパないのに、当たるところがなくて……ラジオの本番中に殴り合いのケンカをしてたよね(笑)。

芸人C マネージャーとか、スタッフもピリピリしてるから、誰に向けてでもなく、こう言うわけですよ。「こいつ、ふざけてる」、「いいよ、こいつの言うこと聞かなくて。頭おかしくなるぞ」とか。

芸人A 「あるある探検隊」でブレイクした『レギュラー』の二人は気の優しいコンビとして有名だったけど、彼らですら、「テレビの企画で沖縄の無人島に長期ロケに行ったときはガマンの限界でした」って言ってたね。島流しされたうえ、松本康太のだらしなさを際限なく見せられ、西川(晃啓)くんがキレた。

芸人B 西川君が苦労してヤシの実を取りに行ってる間に寝とったんですよね。

芸人C ずっと相方がいるから、オ●ニーもできないし(笑)。

芸人B 目の前でされてもね。

芸人A 殺すと思う(笑)。

芸人C 『インパルス』はブレイクしたと思ったら堤下敦さんのピンの仕事ばかり増えて、相方の板倉俊之さんがクサり始めた。さらにここにきて、堤下が睡眠薬を飲んで事故るなど、不祥事続きでさらに仕事が減って……。

芸人B まさにドン底――かと思うたら、クサリ芸、毒吐き自虐ネタで板倉が脚光浴びるんやから、わからんすよね。

芸人D 『尼神インター』もブレイクしたのを機に、隙間風が吹いてると聞きますね。誠子と渚はもともとタイプが真逆。一緒にいる時間が長すぎてイライラがつのってきたみたいです。ネタを書いている誠子より、美形の渚のピン仕事が増えているのも面白くないんでしょう。楽屋で会話しないどころか、目も合わせないらしいですよ。

芸人C やっぱり、ネタ書いてるやつが強いんですかね?

芸人A 『ウーマンラッシュアワー』の中川パラダイスは、村本大輔に絶対服従だって吉本のヤツが言ってた。

芸人B 芸人史上、一番、服従してるんちゃいますか。

芸人A 『NON STYLE』もそうらしいよ。井上裕介は石田明からの連絡を待ってるだけだとか。もう、漫画家と編集者の関係よ。ネタが書きあがったら、「先生、いただきに上がります!」と。

芸人B 井上さんが凄いんは、すでに編集者脳になってるから、一回見たら、すぐネタを覚えて、合わせができる。

芸人C うまくいってるコンビはそうですよね。すぐにネタ合わして、相方が爆笑しない限り、そのネタは使わない。最大のファンを前にライブをやってるようなもの。

芸人B 「まず、相方を笑かさなあかん」って、よく言いますよね。

芸人A 売れてコンビ仲がギクシャクしてしまうくらいなら、どんどんピンの仕事を入れてしまえばいい。たまにコンビというアジトに帰ってくればいい。ピンのラジオとか入って、2週間に1回くらいのペースで会えると、ちょうどいい。

芸人B 『ナインティナイン』さんが、そんな感じですよね。

芸人D ただ、『ナイナイ』は矢部浩之さんが結婚して以降、コンビとして新規の仕事を受けていないそうです。自分が病気で休養している間も矢部さんが奥さんと愛を育んでいたことに、岡村隆史さんが「俺が苦しんでいるのに自分だけ幸せになりやがって」と嫉妬した……という説があります(笑)。

芸人B コワモテの二人がケンカを始め、仲裁に入った先輩芸人が辛辣かつ的確な批判を浴びせられる――というネタがお笑い業界内で絶賛されている『鬼越トマホーク』は、プライベートでもケンカしまくってますわ。

芸人D 1回、解散してますよね?

芸人A ケンカの原因は?

芸人C ツルッパゲ(坂井良多)が相方の金ちゃんのことが好きすぎて、合コンに行くのも嫉妬するんです。

芸人A えぇ?

芸人C 「だったら、俺と飯行けや」と。

芸人B 金ちゃんと合コン行くとき、「ごめん、坂井に内緒にしといて」って言われますね。俺と二人でメシ行くってだけでも、バレたら大変ですよ。「何で俺を誘わないんだ」って。

芸人A マジで?

芸人B 「俺とメシ行けよ。お前、昨日、ステーキ食ってただろう」って、「どこのステーキだよ」って。

芸人A バカ野郎!(笑)

芸人C 相方愛で言えば、『ブラックマヨネーズ』の吉田敬さんもなかなか。小杉竜一さんとオカンが溺れてたら、迷わず小杉を助けると『アメトーーク!』(テレビ朝日系)で言ってましたね。

芸人D どっちかが遅刻魔で衝突するケースも多いですよね。

芸人B 現場に到着して来てからの対応に激ギレしたことがあります。先に現場入りしてる相方がしこたま謝っているわけですよ。それが、ギリギリ間に合っておいて「何か?」みたいな顔を……。

芸人C 「セーフでしょ?」みたいな。

芸人A 「電車に乗ることは乗ったんですけど、途中で寝てしもて、大阪で降りるはずが広島まで行ってしまいました」と言い訳してたヤツがいて。そいつの何がスゴいって、「なんで起こしてくれんかったん?」と相方にキレてたのよ。

芸人C 相方はマネージャーじゃないですからね……。

芸人A 結局、そいつは飛行機移動に切り替えた。「新幹線だと、どうしても乗り過ごしてしまうんで」って。

芸人D 僕の知り合いのコンビはツッコミの子が遅刻魔で、ボケの子に「遅刻したら5万円」というシステムを導入されたんですが……それがストレスでさらに遅刻が増え、解散しました。

芸人B 遅刻魔でブレイクした芸人いないですよね。「遅刻を凌駕(りょうが)するくらいオモロかったらエエやんけ!」って言うヤツおるけど、そういうヤツに限って、間違いなくオモロない(笑)。

芸人A 横山やすし師匠なら、「明日の仕事を改めて確認したけど、ワシ、向いてないから行かへんわ」っていうのが通った。けど、いまや芸人、6000組いるからね。「イオンの営業、ちょっとちゃいますわ」なんて言ってたら即、終了。

朝方の西麻布でおどける元エアギター世界王者の『ダイノジ』大地洋輔(中央)と『オリラジ』藤森慎吾ら

’13年、ハネムーンから帰ってきた『オリラジ』中田敦彦&萌夫人。中田は近年、コメンテーターとしても活躍

 熊田曜子と破局後、独身貴族を貫く『ナイナイ』岡村。今田耕司らと結成した「アローン会」の中心会員だ

’08年、『ブラマヨ』小杉(右)の誕生日を『インパルス』堤下(左)、熟女系AV女優ら8人がオールでお祝い

怒られ続ける『フット』岩尾

芸人C 僕が相方を最初に怒ったのは、服装のセンスでした。

芸人A 人気が出るコンビって、劇場に来てる若い子が飛びつきそうな服を着てるもんな。

芸人C 「服装に気を使え。もっとオシャレしろ」と言ったのに、コンビニで黒のTシャツ3枚セットみたいなの買ってきて。デビューしたてのころ、相方はわりとシュッとしてたんですけど、人気が出る前に腹が出てきて……。

芸人A その点、『フットボールアワー』の岩尾望は自分がブサイクなことを誰よりも理解してるから、オシャレには相当、気を使ってる。ファッション誌の『メンズノンノ』で取り上げられたこともある。

芸人B 言うても、『フット』結成後、半年もたたんうちに後藤輝基さんに煩悩の数ほど文句を言われたらしいですね。

芸人A 岩尾のボケに関して?

芸人B いやいや、「なんでそんな食べこぼすねん!」とか「岩尾の箸の持ち方、ホンマ腹たつわ」とか、ネタ以外のこと。それで、ハイハイ聞いとけばいいのに、岩尾も「誰からもクレーム来たことないで?」みたいに言いかえすから、「俺しかお前に指摘できるヤツおらんのに、なんでそこで突っぱねるの?」と、またモメて……結果、いまだに怒られてます。

芸人C 岩尾さんも後藤さんも前のコンビではボケ担当だったけど、「岩尾のボケには到底かなわない」と思った後藤さんがツッコミに回った。それぐらい岩尾さんの実力は認めているんですけどね(笑)。

芸人D 去年、芸人の間で仮想通貨がメッチャ流行りましたけど、流行らせたのは『T』のMですよ。

芸人C 僕もMに、「お前、絶対やったほうがいいよ」って勧誘されました。

芸人D Mは何千万も儲けてるってウワサです。一方でMの相方は数千万の借金を抱えてる。コンビ格差がすごい。

芸人B 俺、Mにカネ借りたことあるんですけど、返すのが1日遅れただけで、ブチギレられました。「この1日でどれだけ儲けそこなったか!」って(笑)。

芸人A Mの給料、仮想通貨払いらしいよ。2000ネム!

芸人C 去年の12月ごろが一番スゴかったよね。吉本興業さんはマネージャーも仮想通貨に手を出していましたね。

芸人A ビットコインの暴落で、ブームは一気に沈静化したけどな。

芸人C 『とろサーモン』の久保田かずのぶさんは、1枚2万円で「B」と刻印された偽ビットコインを買わされて怒ってましたね。

芸人D 仮想って言ってるのに実物!

芸人B あれは笑うたなぁ。

芸人C Mは儲かったけどネタを書かなくなった。ハングリー精神がなくなり、面白くなくなりましたよね。

芸人A それで良いのか、アイツ(笑)。

いまや、テレビでお笑い芸人を見ない日はない。それほど彼らのトークは面白い。だが、楽屋でのぶっちゃけ話はそれ以上に面白いのだった。

殿堂入りブサイク芸人、『フット』岩尾の素顔は実にオシャレ。美人AV嬢・糸矢めい(左)を射止めたことも

撮影:堀川尚美 吉田暁史 西 圭介 西原 秀 坂口靖子 高塚一郎 桑田 真

Photo Gallary10

share icon記事をシェアする

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事