支持率急降下 安倍首相が昭恵夫人を怒鳴りつけた

安倍総理の言うことをまだ信じる人はいるのか 加計学園「ウソつくネタも尽きてきた」

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

 

疑惑の連発に対し「印象操作だ」「ストーリー(を作っている)」と強弁して言い逃れを続ける

最近、安倍家ではちょっとした夫婦喧嘩があったという。

昭恵夫人
「私、国会に出ます」

安倍首相
「そんなこと誰も頼んでない!」

激震中の安倍政権だが、首相の家庭内も揺れている。森友疑惑の「元凶」と糾弾されることに耐えきれなくなった昭恵夫人が、涙ながらに自らの国会出頭を申し出たところ、首相が激怒。「この期に及んで何を言うのか」と、妻のKYぶりにうんざりした様子だったという……。

「まさに、悪い意味で異例中の異例の政権です。中央省庁が安倍政権を守るために国会でウソをつき、公文書を改ざんし、さらにデータの捏造や消去までしている。本来はその一つでも政権が倒れかねない大問題ですが、安倍政権ではそれを連発し、その上で開き直っている。安倍一強政権の弊害としか言いようがありません」(政治アナリスト・伊藤惇夫氏)

5月21日、安倍首相が「おともだち」を優遇して獣医学部新設を認可させたとされる「加計疑惑」で新展開があった。

これまで安倍首相は国会で、加計学園の学部新設を知ったのは「2017年1月20日」で、それ以前に相談などを受けたことは一切ない、と答弁していた。ところが地元の愛媛県が参院予算委に提出した新文書によれば、「2015年2月」に加計学園の加計孝太郎理事長が首相に面会し、「新しい獣医大学の考えはいいね」との言質を取っていたというのだ。

首相は’17年1月、つまり疑惑が浮上する直前まで加計の獣医学部新設を「知らなかった」ことにして言い逃れをしてきた。それを、2年も前に「いいね」と言っていたのが事実であれば、すべてが根底から覆る。焦りが募るのは当然で、そんなところに昭恵夫人が自己満足でピント外れな言動をしたから、「いい加減にしろ!」と怒鳴ったのだろう。

この「新事実」について、首相は「(首相動静に記録がないから)会っていない」と否定。加計学園側は、「実際にはなかった面会を引き合いに出し、(愛媛)県と(今治)市に誤った情報を与えてしまったように思う」などと苦しい釈明をした。

仮に加計サイドの言い分通りなら、彼らはウソをついて獣医学部新設の認可を取り付けたことになるわけだが……それはそれで新たな重大疑惑である。まさにウソをつくネタも尽きてしまい、語るに落ちたとしか言いようがない。

「結局一連の問題は、安倍首相が『関係していたら国会議員も首相もやめる』と言ったため、帳尻を合わせなければならなくなり、財務省の決裁文書改ざんにまで発展した。最近も首相は言葉に細心の注意を払わず、野党の追及に対し『(作られた)ストーリー』と言い返すなど、言葉の選択ミスが目立つ。一強の自信が時に驕(おご)りとなり言い放ってしまう状況です」(政治ジャーナリストの鈴木哲夫氏)

反省の色のない傲慢ぶりに、足元の支持層も離反を始めている。本誌が入手した自民党独自の世論調査によれば、3月に39.4%あった内閣支持率が、4月には22.3%、5月には20.6%まで低下。 ウソにウソを塗り固め、もはやその重みで崩壊寸前の安倍政権を、政治評論家の有馬晴海氏もこう批判する。

「愛媛県が出した’15年2月の面談を『ない』というなら、安倍首相は加計学園の担当者に対し『なんでウソをついたのか』と怒るのが当然ではないか。そして愛媛県の中村時広知事と一緒に加計の担当者も国会に呼んで話をさせ、疑惑を払拭すれば済む話です。それをなぜ、しないのか? 国民からしたら『どう見てもおかしい』ということになります」

今さら昭恵夫人を怒鳴りつけている場合ではない。首相は自らが潔白だというなら、親友の加計孝太郎氏を国会に呼んで「ウソつき」と糾弾するべきなのだ。

ロシア訪問から帰国した安倍夫妻(5月27日)。昭恵夫人は講演活動なども自粛中で、元気がないという

加計孝太郎理事長側は「(学部新設のため)首相に会ったとウソを言った」と、耳を疑う告白

写真:鬼怒川 毅(1~2枚目写真) 読売新聞/アフロ

Photo Gallary3

share icon記事をシェアする

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事