村上信五&宮司愛海アナ 東京マラソン中継・内容変更のドタバタ

目撃!ハリコミ24 <新宿 8時05分>

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
マラソンのスタート前、若干、緊張した面持ちで打ち合わせをする村上信五(左)と宮司愛海アナ(右)

朝8時過ぎの新宿・都庁前は、東京マラソンのスタートを待つ人々の熱気で溢(あふ)れ返っていた。

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、招待・エリート選手のみの参加となった今回の東京マラソン。スタートの1時間前、中継番組のMCを担当する『関ジャニ∞』の村上信五(38)と、フジテレビの宮司愛海(みやじまなみ)アナ(28)がスタンバイしていた。二人は、眠そうな表情も見せず、真剣に選手の名前などを確認。スタッフとともに、立ちっ放しで準備に励んでいた。

「東京マラソンでは、中継を担当する局のアナウンサーが走るのが恒例。今年は佐々木恭子アナ(47)や榎並大二郎アナ(34)らが出場予定で、トレーニングの様子を動画で配信してきましたが、本番への出場は叶わなかった。中継番組自体も大幅な内容変更を迫られ、スタッフはバタバタでした……」(テレビ局関係者)

大迫傑選手(28)が日本記録を更新し、幕を閉じた今大会。ある意味、記録にも記憶にも残る大会だったことだろう。

『FRIDAY』2020年3月20日号より

Photo Gallary1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事