24歳ミカエル・ミシェルに密着!~仏で女性騎手年間最多勝

平日に観客1万人、日本競馬界を沸かせる“黒船”の貴重なプライベートショット

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
川崎・山崎裕也厩舎での調教を終えた競走馬・プラネットブルーをなでる美人騎手のミカエル・ミシェル

日本競馬界に〝黒船〟がやってきた。その名はミカエル・ミシェル(24)。フランス出身の美人騎手だ。母国で女性騎手年間最多勝記録を樹立したミシェルは、今年1月24日に日本で短期騎手免許を取得。日本での初白星を飾った1月29日のレースには、平日にもかかわらず、地方競馬としては異例の1万人が詰めかけた。

ミシェルが、日本に来た理由を明かす。

「昨年8月に札幌のレースに招待されて、初めて日本を訪れました。そのレースで、フランスじゃあり得ないほどの大歓声を浴びて……。もう『サイコー』って気持ち。フランスの競馬は男性社会で、あまり女性は注目されません。でも日本は女性だから軽んじられるということがない。この国の騎手になりたいと思いました」 

ミシェルの朝は早い。朝6時、所属する川崎競馬場・山崎裕也厩舎に現れた彼女は、装備を身につけると、調教場へと駆け出した。美しいブロンドヘアをヘルメットにおさめ馬に跨(またが)ると、男性騎手顔負けの迫力ある走りを見せた。

「子供の頃から、男性と競うのが好きなんです。レース中に前を走っている馬が邪魔になったら、だれが相手でも『イカセテェ――』って日本語で叫びます。そう言えば、みんなどいてくれますね(笑)」

来日以来、早くも地方競馬で17勝(3月3日現在)。ゆくゆくはJRA(中央競馬)デビューを目指し、競馬漬けの毎日を送っているという。

「朝はタクシーに乗って競馬場に向かい、食堂で食事をします。食べながら、競馬新聞で今日のレースをチェック。日本語で書かれていますが、出馬表の内容はだいぶわかるようになりました。過去のレース結果から自分の馬や相手の馬を分析し、その後はレース本番。一日7~8レース走ります。レース後は取材を受けて、19時くらいに帰宅。次の日に乗る馬のビデオなどを見て研究します。プライベートの時間はほとんど取れないですが、充実していますネ」

今回本誌は、そんなミシェルの貴重なオフにも密着。訪れたのは、川崎のショッピングモールだ。彼女は休みがあると、恋人兼トレーナーの男性とよくここを訪れるのだという。

行きつけのレストランでは大好きなパスタをパクリ。ガチャガチャで犬のマスコットを出してはしゃぐなど、24歳らしい可愛い一面も見せてくれた。

「日本で行きたいところは山ほどあります! この前、都内の茶室に行ったのですが、静かで穏やかな空間に感動して泣いてしまいました。伊香保温泉に行ったときは、お湯が熱くてなかなか入れなかったです……。慣れていきたいです(笑)」 

「ずっと日本にいたい」と語るミシェル。フランスから来た美人騎手が、日本競馬界をさらに盛り上げてくれるはずだ。

「日本のレースはフランスと比べて段違いに盛り上がっていて、その熱気が好きなんです」とミシェル
2月25日に大井競馬場で開催されたレースの後、ミシェルは本誌カメラに笑顔を見せてくれた

オフの日のむじゃきなミシェルを密着撮

ジャンプするようお願いすると、「マジデスカ?」と笑いながら、何度も跳んでくれた
カリフォルニア ピザキッチンで食事を共にした本誌記者に食べ物を取り分けてくれた
ガチャガチャで取った犬のマスコットを持つミシェル。好きなキャラクターはミッキーだという
「日本の馬に乗って凱旋門賞で勝てればもう『神』です」とミシェル
本誌未掲載カット フランスから来た人気騎手 ミカエル・ミシェルに密着!
本誌未掲載カット フランスから来た人気騎手 ミカエル・ミシェルに密着!
本誌未掲載カット フランスから来た人気騎手 ミカエル・ミシェルに密着! 日本競馬界を沸かせる“黒船”の貴重なプライベートショット
本誌未掲載カット フランスから来た人気騎手 ミカエル・ミシェルに密着! 日本競馬界を沸かせる“黒船”の貴重なプライベートショット
本誌未掲載カット フランスから来た人気騎手 ミカエル・ミシェルに密着!

『FRIDAY』2020年3月20日号より

  • 撮影濱﨑慎治

Photo Gallary12

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事