徳井義実を擁護の今田耕司にほんこんが激怒したワケ

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
4か月での活動復帰となった徳井だが、世間の反発は強い(’08年)

約1億2000万円の巨額申告漏れで芸能活動を自粛していたチュートリアル徳井義実が、およそ4か月ぶりに芸能活動を再開した。

3月7日に自身のラジオ番組『キョートリアル! コンニチ的チュートリアル』(KBS京都ラジオ)で復帰。だが、この復帰については同じ芸人仲間やタレントの中でも賛否が分かれているようだ。

3月7日に放送された関西ローカル番組『特盛! よしもと』(読売テレビ)では、ゲストで元衆議院議員の杉村太蔵氏が申告漏れなどの罪について、

「今回で勉強になった。例えば100万円払うべきところを70万円しか払わず、30万円ごまかしたとします。これは無申告で1円も払わなかった人より圧倒的に罪が重いらしい。僕が国会議員だったら“おかしくないかこれは”と声をあげる」

と現状の不公平さに異論を唱えた。すると、司会の今田耕司は杉村氏に反論し、徳井を擁護した。

「30万円ごまかすってそれは完全に悪です。それは悪人ですよ。でも徳井みたいに1円も払わないアホじゃないですか。芸人というのは大学出ている太蔵くんみたいな人には分からない人種。悪意は本当にない。ルーズなんです。これからいっぱい稼いでたくさん納税してもらったらいい」

と、熱弁し杉村氏は言いくるめられた形になった。すると、ほんこんが「はよ、俺にしゃべらせろ!」と横入りし持論を展開したのだ。

「何年間も無申告ってなんでやねん。アホで許されるもんじゃない。徳井は過去にラジオで税金(ドバイなどの租税回避地)の話とかしてたんやろ? 楽屋で相方の福田とかも多分納税の話とかしてたやろ。復帰するのはええで。でも優しいねん。督促状来てたんやろ。逮捕されてもおかしくない。だからこれは絶対にあかんって!」

と厳しく断罪。ほんこんの反撃に今田はたじろぎ言葉に詰まらせ「世間には厳しい意見があるから身内は優しくていいやん」と反論するのが精いっぱいだった。

また、ほんこんは『マルコポロリ!』(関西テレビ)でも「徳井は公費横領」と厳しく糾弾している。

これに対しネット上では、

《宮迫にも徳井にも芸人仲間ながらズバズバ言うほんこんは凄い!》
《悪意が無いならなんですか?》

など、ほんこんに賛同する声が多く上がっていた。

「今田さんと徳井さんは、明石家さんまさんや岡村隆史さんも所属する独身男性芸人だけの飲み会『アローン会』のメンバーです。仲間意識が強く今田さんは徳井をずっと気にかけていて自粛中も複数回徳井さんと会っていたようです。だからこそ徳井を擁護して世間から共感を得ようという狙いだったようですが、ほんこんさんにお叱りを受けてしまった形ですね」(テレビ局関係者)

吉本は闇営業問題で活動休止していた「ロンドンブーツ1号2号」田村亮よりも、徳井の復帰には慎重を期していた。吉本と同じ税理士と契約させ、今後は申告漏れが無いよう監視体制も作ったという。

「何せ吉本は政府や地方自治体の仕事を大量に貰っていますからね。つまり、それらは国民が納めた税金をもらっているということ。なので、徳井の無申告についてはマスコミから問い合わせがあっても、吉本は全く言い訳ができなかった。もし吉本の劇場で復帰させたら世間から“甘い”と思われかねないので、ラジオ番組からお許しをいただく形で復帰させたのではないでしょう」(女性誌記者)

吉本の根回しにより、4か月での復帰となった徳井。世間から厳しい声が上がることは覚悟の上で活動再開となった。

「闇営業問題などは一般の人にはあまり関わりないことですが、税金は働いている人なら誰でも直接関係してくる。つまり、生活に密着している話題だからこそ、世間の風当たりが余計に厳しいんです。でも、芸人仲間たちは、徳井さんをかばってばかり。それでは、余計に世間が徳井さんに厳しくなることを、ほんこんさんは知っているからこそ、同じ事務所の先輩としてテレビなどでキツく言ったんでしょう。今田さんに“優しいねん”と怒ったのも、まさにそういう意味でしょうね。徳井さんへ厳しいことを言うのは、ほんこんさん流の“愛のムチ”だと思いますよ」(芸能プロ関係者)

優しい言葉をいう今田。厳しい言葉をかけるほんこん。どちらにしろ、徳井にとっては頼もしい先輩であることに間違いないだろう。

  • PHOTO島颯太

Photo Gallary1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事