追悼・栗城史多 身長162㎝、体重60㎏の身体で挑戦し続けた男

エベレストで生命を燃やし尽くす

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

’10年、本誌のインタビューに応えた際には、その肉体を披露。飲酒と肉食を絶つなど、自身の食生活について語った

「7回失敗しても、挑戦を止めなかった。その執念が、彼の魅力だと思っています。残念で堪りません……」(プロスキーヤーの三浦雄一郎氏)

登山家の栗城史多(くりきのぶかず)(享年35)が、自身8回目となるエベレスト挑戦中に死去した。身長162cm、体重60kgという小柄な身体で、「無謀」と言われながらも、諦めなかった登頂の夢。「不屈のクライマー」の突然の最期に、冒頭の三浦氏をはじめ、多くの関係者から追悼の言葉が寄せられた。

「『頑張って』と声をかけたら、『いつも頑張っているんだけど』と笑っていました。出発前には『無理はしない。生きて帰る』とも言っていました」(栗城事務所の広報担当者)

人々に「一歩を踏み出す勇気」を与えるため、山に登り続けていたという栗城。生前、本誌のインタビューに対し、こう話している。

「エベレストには『苦しみ』しかないけど、苦しいことは案外楽しいもの。だから、苦しくても諦めちゃいけない。それを皆にも知ってほしい」

諦めずにどんな苦しみにも「アタック」する栗城の姿は、人々の胸に刻まれている。

今回のエベレスト挑戦中、Facebook上にアップロードされた栗城の写真。登山の経過をネットで報告していた

撮影:西山和明(1枚目)

 

Photo Gallary2

share icon記事をシェアする

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事