「新文書」明らかに 安倍総理が目指す「戦後最長政権」はどうなる

愛媛県から「加計学園文書」が出されて、「獣医大学いいね」と言ったというのだが

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

安倍総理がウソを認める日は来るのか

文書発覚直後、苦り切った表情の首相。22日の派閥のパーティでも文書についての言及は一切なかった

「せっかく上がった支持率が……」

加計学園理事長・加計孝太郎氏(66)と面会していたことを示す新文書の存在が明らかになったとき、安倍晋三首相(63)はそう絶句したという。

安倍首相の言い逃れを支えてきた堤防が、ついに決壊のときを迎えたようだ。これまで首相は、加計学園の獣医学部設置について加計氏から相談を受けたことは一切ないとし、計画を知ったのも’17年1月20日と断言してきた。しかし今回、愛媛県が提出した記録によると、’15年2月25日、安倍首相は加計氏と官邸で15分にわたり面会し、〈新しい獣医大学の考えはいいね〉と語ったというのだ。

5月22日には、官邸に記録が残っていなかったことを理由に、「ご指摘の日に加計孝太郎理事長と会ったことはございません」と早口で文書の内容を否定した安倍首相。だが、この言い訳は苦しいものがあるという。

「愛媛県側からすれば、捏造(ねつぞう)する理由も、ウソをつく理由もない。これを証明するのは簡単な話で、中村時広知事や県職員、加計学園の関係者を国会に呼べばいいだけです。にもかかわらずそれをしないのは、自民党が証人喚問を止めているからです」(政治ジャーナリストの鈴木哲夫氏)

今回の文書により、安倍首相のもと鉄の結束を誇ってきた自民党内にもヒビが入り始めたことが明らかになった。

「愛媛県からの文書提出は参議院の予算委員会が求めたものですが、これには野党だけでなく与党の賛成がいる。しかし、首相ら党のトップたちは、この動きを察知できていませんでした。『黒幕は石破(茂)ではないか。竹下派ではないか』と、さまざまな噂が出ています。その真偽は別として、与党内が一枚岩でなくなってきているのは間違いありません」(同前)

与党内のゴタゴタは、秋に予定される総裁選にどう影響していくのか。もはや、安倍首相が目指す「戦後最長政権」という野望は風前の灯なのだ。政治アナリストの伊藤惇夫氏が語る。

「支持率がこれ以上下がれば安倍さんの3選には危険信号が灯る。安倍さんの周辺は、野田聖子総務相を総裁選に担ぎ出すことで、反安倍票を分散させ、ライバルである石破さんに勝利するシナリオを立てているようですが、はたしてそう上手くいくか。私は懐疑的です。しかも、安倍政権にはいま、支持率回復の策はありませんからね」

国民としては首相がウソを認め一から出直すことを誓ってくれれば、気分はスッキリするのだが、そんな日は来そうもないようだ。

 

「加計学園文書」には安倍首相の言葉が明記されている

撮影:鬼怒川 毅(1枚目)

Photo Gallary2

share icon記事をシェアする

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事