新潟少女殺害死体遺棄事件 「ロリコン性欲者」小林遼容疑者野放し

犯人逮捕でも安心できない

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

15日、新潟西署から送検される小林容疑者。遺棄だけでなく、殺害についても、供述を始めている

「(小林)遼(はるか)君の家で遊ぶときは、リビングでゲームをすることが多かったです。『Wii』とか『プレイステーション3』とか、当時出ていた家庭用ゲーム機は全部そろっていましたし、ソフトもたくさんありました。アニメとかも好きで、よくガンダムの話をしていたのを覚えています。おとなしいタイプで、誰かに怒ったりとか、殴ったりしたところも見たことがありません。報道を見て、彼を知っている人はみんな驚いています」(小・中学校時代の同級生)

5月14日、新潟県警は死体遺棄、死体損壊の疑いで、小林遼容疑者(23)を逮捕した。容疑は新潟市立小針小2年の大桃珠生(たまき)ちゃん(7)の遺体を、JR越後線の線路に遺棄したというものだ。県警は、事件発生直後から小林容疑者をマークしていた。全国紙記者が話す。

「事件後、県警が現場の線路周辺を捜査する中で、柵などから小林容疑者の指紋が採取されたんです。小林容疑者は、4月に車で女子中学生を連れ回し、わいせつな行為をしたとして、県青少年健全育成条例違反容疑で書類送検されています。なので、当初から捜査線上に浮上していたんです。しかし、現場から小林容疑者の自宅は70mほどの距離にあり、偶然付着したという可能性もあった。なので、小林容疑者の軽自動車の動きを追ったところ、毎日のように現場を通過していたことがわかった。会社にも行く様子がない。逃亡する可能性も考えられたので、彼の身柄を確保しようとしたのです」

事件から7日後の5月14日の朝7時すぎ、遺棄現場から約4km離れた、道の駅『新潟ふるさと村』の駐車場。小林容疑者が自身の黒い軽自動車を駐めたところ、警察の捜査車両3台が取り囲んだ。小林容疑者は観念したように、素直に任意同行に応じたという。

女児が殺害され、線路に遺棄されるという「聞いたことがない手口」(捜査関係者)のこの事件。小林容疑者はいかにして犯行に至ったのか。

小林容疑者の自宅は、珠生ちゃんの家から約100mほどしか離れていない。両親と姉、弟の5人家族だった。地元の小、中学校に進み、中学では科学技術部という部活に所属していた。県内の工業高校の電気科に進学。卒業後、近隣の電気設備関連の会社に就職した。勤務先の代表取締役が話す。

「入社して、今年で6年目でした。仕事は電気工事一般。ビルや建物の照明工事をしたり、電線を引っ張ったりという仕事です。働きぶりはいたって真面目でしたし、いままで無断欠勤もありませんでした。4月に書類送検されていたというのも、事件後の報道で初めて知ったんです。同僚との付き合いも普通にしていました。車で通勤していたので飲み会などは行っていないと思いますが、会社行事には欠かさず来ていました」

入社以来、欠勤もせず、真面目に働いてきた小林容疑者に異変が起きたのは、5月7日。事件当日のことだ。前出・代表取締役が続ける。


「7日の朝、本人が出勤してこなかったので、総務部からお母さんに電話を入れています。すると『え、会社に行ってる予定ですが』と仰った。次の日に警察からも連絡があり、『小林君はおたくの社員ですか? 出社していますか?』と聞かれました。その後も警察からは何度も電話がありました」

そうして14日に逮捕されるに至る。現在、県警は小林容疑者の車を詳しく調べているという。体液など、性的暴行の有無を確認するためだ。前出・記者が話す。


「小林容疑者は『(珠生ちゃんの名前は)ニュースで知った』『(珠生ちゃんを)車ではねてしまい、パニックになって車に乗せた』と供述しています。しかし、珠生ちゃんの遺体には、車に追突されたような痕は残っていませんでした。押収された小林容疑者のスマートフォンからは、小児性愛に関するサイトの閲覧履歴が見つかったという話もあります。自宅もすぐ近くですし、以前から顔見知りで、当初から性的いたずら目的での犯行だった可能性が高い」

精神科医の片田珠美氏が話す。

「正確な診断のためには精神鑑定が必要ですが、小林容疑者は、いわゆる小児性愛者である可能性が高いでしょう。これには2種類あり、ひとつは本当に児童しか性の対象にならない真性ペドフィリア。そして、大人の女性に相手にされないために、その代用として児童に欲情するようになる広義のペドフィリアがあります。報道などから勘案すると、彼は真性ペドフィリアだったのかもしれません。いずれにせよ、ペドフィリアは周囲の人も気がつかないことが多いんです」

なぜ、今回の事件は防ぐことができなかったのか。元兵庫県警刑事の飛松五男氏が話す。


「性犯罪などの刑事事件の場合は、予兆があることが多いです。今回も、4月に別の女子生徒にわいせつ事件を起こすという予兆があったわけです。その際に強制わいせつ容疑など刑法犯として処理すべきだったのではないでしょうか。その際、必要であれば家族、そして職場の上司にも事情を聞く。私も性犯罪の捜査は相当やりましたが、再犯防止のためにも、かならず近しい人には話を聞いていました。そういう捜査をしていれば、今回の事件までには至らなかったかもしれません。新潟県警の対応は、甘いと言われても仕方がないと思います」

珠生ちゃんが通っていた小学校に子どもが通う保護者の一人はこう話す。


「珠生ちゃんは本当に穏やかで、いい子だったんです。ウチの子は珠生ちゃんの1学年下なんですが、学校で鉄棒を教えてもらったり、よく遊んでもらったりしていました。なんでこんな事件に遭ってしまったのか残念で仕方ありません」

決定的な予兆があったのに、なぜ、小林容疑者は野放しにされてきたのか。この責任を徹底的に追及しない限り、犯人逮捕で一安心とはいかないのである。

珠生ちゃんの自宅付近に設置された献花台。事件から1週間以上が経っても、献花に訪れる人が絶えない

殺害された珠生ちゃん。両親と兄の4人家族で、約2年前に引っ越してきた

現場付近の通学路。事件以降、児童の登下校の際には保護者らによる見守りが続けられている

中学時代

中学時代

高校時代

逮捕時

撮影:幸多潤平(1、2、4、8枚目写真)

Photo Gallary8

share icon記事をシェアする

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事