ギャラ、潜在視聴率、好感度など極秘データで判明「最強の芸能人」

2018年度版男女別・ジャンル別ベスト15を発表しよう

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

2018年版「最強の芸能人」各ジャンルの上位ランカーたち。左上から時計回りに福山、竹内、菅田、林先生、藤田、川栄、新垣、鈴木

テレビ局にとって視聴率が大事なのは言うまでもない。視聴率が上がればスポンサー料も上昇。そのぶん、番組内容やキャスティングに幅を出せるようになる。視聴率を稼ぐため、手っ取り早いのが数字を持っているタレントの起用である。その点において、視聴者が誰を観たいと思っているかがわかる「タレントパワー」指数はテレビ局の制作スタッフにとって有用なデータだった。

「ただ、これまでの『タレントパワー』データの上位ランカーには『サザンオールスターズ』とか、浅田真央とか羽生結弦とか、知名度が高いだけで必ずしも数字に結びついていなかったり、ギャラが高すぎて費用対効果が低い人が散見されました」(大手広告代理店社員・A氏)

そこでいま注目されているのが、ギャラに見合った数字を稼げる、本当に制作現場に求められているタレントのパワー指数。いわば「最強の芸能人」指数だ。

「算出根拠となっているのは潜在視聴率(タレント単体で稼げると予想される視聴率)とギャラ、そして制作スタッフの評価です。リアルタイムなニーズが反映されるため、旬な人が高くなる。現実に即した数値が出るのです」(A氏)

下の表は、A氏が本誌に提供した2018年版最新データをもとに、男女別各ジャンルのトップ15を数字の高い順に並べたものだ。

「ギャラ」は最も視聴率が取れるとされるゴールデンタイム(19時〜22時)の番組に1時間、ゲスト出演した際の一般的なギャランティの基準値だ。全テレビ局、この額でオファーされるわけではなく、あくまでベースとなる額だという。

では、さっそく中身に迫ろう。

山下智久と別れても、IT社長との熱愛が報じられても評価は不動。大物女優の貫禄を見せる石原さとみ

似ていると言われ意識していた宮﨑あおいを抜き去り、5位に入った二階堂ふみ。バラエティもこなす大活躍

フォロワー数でブッキング

潜在視聴率だけ見れば圧倒的な新垣結衣(29)の牙城を崩して、女優部門の1位に輝いたのは意外にも、元『AKB48』の川栄李奈(23)だった。

「コストパフォーマンスの高さが最大の魅力。メイン出演じゃない作品も含めれば、現在契約中のCMは実に8社にのぼります。数字は取れるがギャラも高い米倉涼子が14位に沈んだのとは対照的。米倉の場合、なかなか『ドクターX』続編の出演を受けてくれなかったり、大御所ならではの難しさもある」(前出・A氏)

ドラマ制作ディレクターが続ける。

「ウチだとガッキーのギャラはこの表の価格よりも少し安いかな。逆に綾瀬はるか、広瀬すず、土屋太鳳(たお)にはもっと支払っているはず。現場感覚で言えば、この3人がスポンサー企業受けがいいトップ3。その後にガッキー、米倉、芸人の渡辺直美が続く感じかな」

その渡辺をおさえて女性タレント部門を制したのは横澤夏子(27)だ。横澤と2位の藤田ニコル(20)はパワー指数が400超えと頭一つ抜けた存在になっている。

「にこるんと池田美優(みちよぱ)はツイッターのフォロワー数がそれぞれ240万、107万と突出している。数字に魅入られたおっさんプロデューサーが彼女たちのキャラクターも理解せずにブッキングする傾向がありますね」(制作会社スタッフ)

8位の鈴木奈々(29)は人柄の良さに好感が持たれているとバラエティ番組ディレクターが証言する。

「見たまんま。裏表がなく、楽屋裏では新人さんに声をかけて励ましたり、盛り上げたりしている。彼女がいるだけで現場の雰囲気がパッと明るくなる」

男性陣に目を向けると、俳優部門は圧倒的大差で菅田将暉(すだまさき)(25)が制した。

「男性で唯一、潜在視聴率が5%を超えたのが菅田です。F1層(20〜34歳女性)を中心に18歳以下の女性視聴者からも圧倒的な支持を受けているから、息の長い俳優になるでしょうね。2位の竹内涼真はここ数年でギャラが倍になっています。彼の支持層は菅田と同じ。良きライバルになるでしょう」(前出・A氏)

年収数億円と報じられるたび、「そんなに稼いでない」と反論していたマツコ・デラックス(45)と『バナナマン』設楽統(おさむ)(45)は、ともにトップ10入り。コスパの良さを証明して見せた。

主演ドラマ『anone』(日本テレビ系)が好評で、ますます評価を上げている広瀬

NHK朝の連続テレビ小説『まれ』のヒロインを務めた、ピュアさが人気の土屋

綾野剛は「番宣でバラエティに出ても一所懸命やってくれる」(AD)と高評価

オタク青年から極悪ヤンキー、三枚目までこなす山田はCMでも引っぱりダコだ

抱かれたくない男の逆襲

スポンサー企業、視聴者受けがいいとされるのが、5位の福山雅治(49)、8位の阿部寛(53)、14位の堺雅人(44)のおっさんトリオだ。民放ADが言う。

「阿部のギャラはウチだと(本誌の表より)もうちょっと高くて200万くらい。それでも、数字が取れるからコスパはピカイチですね。山田孝之はバラエティもイケる貴重な存在。ウチは150万円くらい出しているはずですが、企業と視聴者双方の受けがいいし、重宝しています」

いま、山田は、「ギャラよりも自分のやりたいことを優先させる、制作側に優しい男」(前出AD)として、深夜バラエティからのオファーが絶えないという。

男性タレント部門は「今でしょ!」の林修(52)と元スケーターで信長の子孫の織田信成(31)がワン・ツーフィニッシュするという意外な結果に……。

「涙もろい織田は作り手側にとって便利な存在なんでしょうね。出川哲朗も大健闘ですよ。あの”抱かれたくない男”がいまや、CMで9社と契約する人気者ですから」(前出・A氏)

前出のキー局プロデューサーは、「若手芸人には15万円の壁がある」と言う。

「旬な人でもまず15万円でギャラの高騰がストップします。そこから上がるかどうかは結果次第。とくに濱田祐太郎は全盲に近く、彼を起用するためには、局側は付き添いの人の経費も負担せねばならない。不利だったハズですが……50万円の値が付いているってことは、数字が取れるということでしょう」

R-1王者の実力はダテじゃない。

「女性タレントは総じてギャラが安めなので、使い勝手はいい。一方、男性タレントは、当たれば潜在視聴率3%を超えるような突き抜ける存在となる。特徴がハッキリ出ていますね」(前出・A氏)

不況の中、芸能界にも経済原則の波が押し寄せているのだ。

高橋は’90年のドラマ初出演から20年以上を経て大ブレイク。こちらは田中麗奈とデートする無名時代の彼

男性タレント部門2位につけた織田。「リーズナブルさが最大の魅力」(A氏)

コスパの良さをネタにしていた設楽は見事、タレント部門7位にランクイン!

売れっ子だが担当マネージャーが替わり、ブッキングが難しくなったという渡辺

ホラン千秋は’18年5月までのテレビ出演時間ランキングで堂々1位(469時間)

「パワー指数」は潜在視聴率とギャラ(単位は万円)等をもとに算出

「パワー指数」が同数で並んだ場合は「潜在視聴率」が高いほうを上とした

撮影:川上孝夫、田中俊勝、西原秀

Photo Gallary16

share icon記事をシェアする

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事