“不倫男”東出昌大「恥を忍んで」イベント出演、取材に応じるワケ

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
結婚から約1年後、杏といっしょに公園で犬の散歩をさせていた東出。この3日後に双子の妊娠を発表したのだが、夫婦はこのころのように戻れるのか、それとも……(’16年)

女優・杏と離婚危機にある俳優の東出昌大が、いよいよ正念場を迎える。

年明けに若手女優・唐田えりかとの“3年不倫”が発覚。激怒した杏に家を追い出されてしまった。スポーツ紙記者は、

「杏さんが第三子を妊娠している頃から、唐田さんとの関係を続けていたことがわかり、東出さんは総スカンに陥りました。関係を修復するため、自宅にアポなしで戻りましたが、門前払いされたそうです」と話す。

イクメンのイメージが強かっただけに、この手のスキャンダルは致命的。CMはすべて降板となり、決まっていた映画の仕事もなくなったという。

東出は『週刊文春』の直撃取材に「すべてを失いました」と告白したが、その言葉は決して大袈裟ではない。

俳優・桐谷健太とのダブル主演ドラマ『ケイジとケンジ~所轄と地検の24時~』(テレビ朝日系)は3月10日にクランクアップ。撮影中は他の共演者と距離を置き“こんなところにポツンと東出”状態だったが、最後の挨拶では桐谷から「最後に東出バカヤローです」と促され、涙声で「皆さまを裏切ってしまった。これからは人を裏切ることなく生きていきます」と謝罪したという。

一方で「今後どうなるか分かりませんが、皆さまに恩返しができるよう精進していきます」と抱負も述べた。東出の口から“前向きな言葉”が出てきたのにはワケがあるという。

東出を知る芸能プロ幹部はこう語る。

「一時は芸能界引退も考えたそうですが、周囲の励ましもあり、俳優としてイチからスタートを切る覚悟のようです。東出さんは現在、贖罪の気持ちをもって騒動前に決まっていた仕事をこなしています。スキャンダルを理由に事務所側が仕事を断ることも可能ですが、東出さんの場合は先方がキャンセルしない限りは、極力参加するつもりのようです」

東出は3月17日に都内で開かれる映画『三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実』のトークイベントに豊島圭介監督と出席。さらに5月1日公開の映画『コンフィデンスマンJP プリンセス編』の取材にも対応する見込みだ。

『コンフィデンスマン』で東出は長澤まさみ、小日向文世と並ぶ主役級。雑誌社などの事前取材にはこの3人で臨むという。

「言うまでもなく、不倫問題についての質問はNG。長澤さんも小日向さんもどういうテンションで接していいか、手探りでしょうね。また、東出さんは雑誌社などのインタビュー取材は受けますが、テレビの番宣には同行しないそう。そこはテレビ局のスポンサーを意識したのだと思います」(テレビ局関係者

映画の舞台挨拶については、不倫問題に加え、新型コロナウイルスの拡大でどうなるかは未定だ。

注目の杏との“話し合い”は近日中に行われる。こじれることは望まず、何とか『コンフィデンスマン』の公開までにはケリをつけたい考えだ。東出は「反省を表すために丸刈りも辞さないほどの覚悟」(前出・芸能プロ幹部)で会談に臨むという。

「杏さんの気持ちも揺れている。文春で最初に報じられた時は離婚の気持ちが勝っていたが、3人の子供の将来を考えると、果たしてそれが最良の選択か悩むところではあるようだ」(前出・スポーツ紙記者)

東出にとっては、俳優として再起できるかの分岐点にもなる。「やっぱり離婚」という結末と「まさかの復縁」では、世間の印象も違う。

「一連の騒動で東出さんが背負う違約金は2億円程度に決まったそうです。それを東出さんに“直”で請求するのではなく、いったんは所属事務所預かりになるでしょう。何とか復縁し、心を入れ替えた姿を見せ続ければ、再び俳優としてチャンスが回ってくるかもしれません。そう考えると、杏さんとの話し合いは極めて重要なモノになります」(ワイドショー関係者)

離婚か、それとも許されるのか……。東出の命運が間もなく決まる。

 

  • PHOTO川上孝夫

Photo Gallary1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事