和牛・水田に出待ちファン30人 急ぎタクシー移動の売れっ子ぶり

目撃!ハリコミ24 <渋谷14時40分>

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
イベントを終えると、水田は足早にタクシーへ。イベントは大盛況だった

1月下旬。タワーレコード5階にあるイベントスペースでは、お笑いコンビの和牛がDVDの発売イベントを行っていた。単独初となる冠番組(南海放送)を収めたもので、水田信二の出身地である愛媛県内を巡るという内容のものだ。イベントには多くの女性ファンが詰めかけた。

「和牛は’16年~’18年まで、M-1グランプリで3年間準優勝を果たした実力派漫才コンビです。これはM-1史上初の記録でした。翌’19年は準決勝で敗退し、敗者復活戦で見事返り咲くも、4位という結果に。ラジオ番組でM-1グランプリから引退する意向を明かしています」(スポーツ紙記者)

M-1の優勝トロフィーを手にすることはできなかったが、人気はうなぎのぼり。漫才もさることながら、元料理人という肩書を活かした水田の“料理芸人”ぶりや、川西賢志郎は“礼儀正しく心優しい人格者”と言われるほどの柔和なキャラが親しまれているようだ。

「『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)の水曜レギュラーを務める2人は、カリスマ家政婦のマコさんと一般のご家庭へお邪魔するロケがあるのですが、訪問先の子どもたちからも大人気です。4月からは新番組『天才てれびくんhello,』(NHK Eテレ)に出演することが決まっています」(同・スポーツ紙記者)

この日も忙しかったのだろう。水田はイベントが終わって30分ほどで、タワーレコードの搬入口から出てきた。出待ちのファンが30人ほど集まっていたが、足早にタクシーへと乗り込み、去っていった。

タクシーの後部座席に座る様も、どことなく売れっ子芸人らしくなってきた!?

  • PHOTO近藤裕介

Photo Gallary1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事