日米首脳会談の収穫ゼロ 安倍首相は「税金でハンバーガー食べた」

安倍外交は「OB連発」

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

首脳会談後、2組4人の夫婦で散策。昭恵夫人はメラニア夫人に「困難を乗り越えて。あなたならできる」と励まされたという

「交渉事でタフなシンゾーが、ゴルフまでタフになったら困るじゃないか」

久々のプレーに苦戦するも、プロゴルファーの助言を受け調子を取り戻した安倍晋三首相(63)に、ドナルド・トランプ大統領(71)はそうジョークを言い、首相は相好を崩す――。

4月18日、米国フロリダ州の「トランプ・インターナショナル・ゴルフ・クラブ」で、両首脳は3度目のゴルフを和やかに楽しんだ……とされている。

プレー後、大統領は、「ここのハンバーガーは最高なんだ。一緒に食べないか?」と安倍首相を誘い、二人は米国流特大バーガーを頬張りながら褒め合った。

安倍
「これは確かに最高ですが、日本で食べたバーガーも美味しかったでしょう? あれはUSビーフですよ」

トランプ
「Oh!(親指を立てる)」

トランプ氏は「日本人の拉致問題解決に向け最大限の努力をする」と語ったと言い、安倍首相は大喜び。日米首脳会談は「満額回答だ」とアピールした。

だが、本当にそうなのか。首相の甘さを批判するのは、『金正恩 狂気と孤独の独裁者のすべて』の著書がある東京新聞論説委員の五味洋治氏だ。


「これまでの言動を見れば明らかですが、トランプ氏はアメリカの国益、自身の人気に反映しない問題では動きません。今は秋の中間選挙に勝つための材料になるかどうかが判断基準。日本の拉致問題が、果たして選挙対策になるのか。仮に北朝鮮に対して働きかけをしたとしても、いずれは『武器を買え』『通商問題で譲歩しろ』と、より大きな見返りを求めてくるのが目に見えています」

実際、拉致問題についてはリップサービスをした大統領だったが、他の案件では、満額回答どころかゼロ回答、ゴルフで言えばOB連発の状態だった。

トランプ
「米国には690億ドル(約7兆5000億円)もの対日貿易赤字がある。何とかならないのか」


安倍
「米国の大規模減税により、日本から米国に700億ドル(約7兆6000億円)のマネーが流れている。トータルで見れば米国のほうが黒字になっている」

ゴルフ談義とは打って変わり、米国にとって「本丸」の日米通商問題については、互いの主張が激しく衝突。どこまでも平行線のままだった。

「米国のTPP(環太平洋経済連携協定)復帰も、日本に課せられた鉄鋼・アルミの追加関税措置の解除もできなかった。実利的には成果無し」(閣僚経験者)

首相は、さらに別方向からも大統領の追及を受け、タジタジになったという。

「『G7でロシアの外交官を追放しないのは日本だけだ。なぜしないのか』と詰め寄られたそうです。英国で起きたロシアの元スパイ暗殺未遂事件を受け、米英は協調してロシアに圧力をかけている。でも安倍首相は、低迷し始めた支持率回復の切り札として訪ロを画策しているので、いくら非難されても返答のしようがなかった」(外務省関係者)

ハンバーガーを食べた後、両首脳はワーキングランチに入った。そこで再び、たっぷりと料理が供されたが、トランプ氏はさっき食べたばかりだというのに、これもペロリと平らげてみせた。

一方で安倍首相は満腹で、ほとんど手をつけることができなかったという。政治的パワーも食欲も、70歳過ぎのトランプ氏に押されっぱなし。安倍首相はまさしく「ハンバーガーを食べただけ」で帰ってきたというわけだ。

前出・五味氏はこう語る。

「安倍首相は『拉致問題解決のためなら何でもする』と言っているが、それが『トランプ大統領に代理で任せる』というのでは、拉致被害者は帰ってこない。本気で取り返すつもりなら、『私が平壌に乗り込んで取り返す』と覚悟を持ってはっきり言うべきです。国内政治は混乱中ですが、外交でも今、真価が問われている」

何でも周囲のせいにして逃げてきた安倍首相だが、今度失敗したら「トランプのせい」と言うつもりなのか。

トランプ大統領いわく「ここに2度も来た首脳はシンゾーだけ」。首相は数ヵ月ぶりのプレーでやや不調だった

写真:AP/アフロ(1枚目写真)、内閣広報室提供(2枚目写真)

Photo Gallary2

share icon記事をシェアする

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事