東出昌大と杏の関係修復に待ったをかけた「会見での失言」

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
答えに窮すると時に宙を仰いだり、唇を噛みしめたりしながら回答を考えているようだった(写真:アフロ)

《杏さんと唐田さんとどちらが好きなんですか?》

『とくダネ!』(フジテレビ系)の平野早苗レポーターが東出昌大に投げた質問だ。そして、同番組のMCである小倉智昭氏がこの質問を《芸能史上に残る》と称賛したのだ。

不倫・別居報道から2か月、東出が初めて公の場に登場し、イベント後に囲み取材に応じた。映画の公開イベントではあったものの、実質謝罪会見であって、彼が何を語るのか注目された。しかし会見の中身以上に話題になったのが、東出に厳しい質問をぶつける女性レポーター陣だった。

男性のレポーターや記者が全くいなかったわけではないが、馴染みのある男性レポーターは1人として見当たらず、テレビ画面に映し出されたのはベテラン女性レポーターたちだった。

そして容赦ない攻撃に、すでに憔悴していた東出は奈落へ突き落されていくように見えたのだった。特に彼の心拍数を上昇させたのは冒頭に記した質問ではなかっただろうか。

「芸能人が謝罪会見を開くとなったとき、事前に事務所のスタッフなどと“シミュレーション”を行うことが多いです。こういう質問が出たら、こう答えるという、つまり“想定問答”ですね。法律がかかわってくるような事案の時は弁護士を交えてなされることもあります。

おそらく東出さんもされたと思いますが、彼の事務所は役者系の事務所で、これまで“不倫騒動”だけでなく大きなスキャンダルに見舞われたことがありません。

報道直後に出した事務所のコメントを見ても、マスコミ対策に不慣れな感じがしました。シミュレーションが上手くできなかったのでは」(芸能プロ関係者)

もしかしたら東出にすべて任せた可能性も否定できないが、上記以外の質疑応答はほぼ想定できたものだった。だが、あの質問だけは東出サイドも予想できていなかったのではないだろうか。

これまで“不倫謝罪会見”は数あれど、《どっちが好きか》という質問が出たことがあっただろうか。

池谷幸雄が『サンデージャポン』(TBS系)で、過去に報じられた自身の不倫騒動について「どっちが好き?」という質問をされて「愛人です」と答えたと語っている。

新聞や雑誌ではときに厳しい追及もあるが、私の記憶では公式の会見ではそのような質問がなされた覚えがない。出てもよさそうな質問なのに、なぜなかったのか。

「男性の“不倫”の多くが“つまみ食い”みたいなものが多く、どちらが大切かと言われれば、妻だと言うに決まっているだろうから、そんなことを聞いてもしょうがないということと、事務所に忖度して、答えに窮する質問はやめようということがあるからですね」(ワイドショースタッフ)

今回は、東出の事務所に対する忖度は必要なかったようだし、さらに、ベテラン女性レポーターたちの、不倫に対する怒りが半端じゃなかったということもあるからだろう。

13秒間の沈黙の後に出た東出の答えは、

「申し訳ございませんが、お相手のこともあるので。私の心の内を今ここでしゃべることは妻を傷つけることになると思いますので、申し訳ありません」

だった。彼は妻を傷つけるようなことを思っていたのか。これにはネットでも、

《沈黙するとは、明らかにどちらか迷ってたな》
《えっ!なぜ、杏だとはっきり言えないの》
《まだ唐田のことが好きと見られても仕方ない》

と、非難する声が続出。

これが彼を窮地に追い込むことになる。東出の会見があった翌日、杏が東出との話し合いに弁護士を代理人として立てることが報じられた。先日は直接顔を合わせることができていたことを考えると、状況は悪化したと考えられる。

当事者間では“話し合い”が進まないということか、あるいは杏は東出と顔を合わせるのがイヤだということか、その両方か。収まりかけていた杏の怒りを会見の東出の応答が再燃させたのは間違いないだろう。

沈黙は“禁”なりか……。

  • 佐々木博之(芸能ジャーナリスト)

    宮城県仙台市出身。31歳の時にFRIDAYの取材記者になる。FRIDAY時代には数々のスクープを報じ、その後も週刊誌を中心に活躍。現在はコメンテーターとしてもテレビやラジオに出演中

  • 写真アフロ

Photo Gallary1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事