我孫子・女児殺害事件 犯人(渋谷被告)の沈黙と被害者父の無念

リンちゃん・享年9歳

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

遺体の発見現場に立つハオさん。手元には渋谷被告の極刑を求める署名用紙が

「自分たち家族にとって、今でもリンちゃんは存在しているんです。毎日食事をするとき、リンちゃんの分のご飯も盛っています。弟は、リンちゃんがもうこの世界にいないということがはっきりわかっていません。どうしてリンちゃんが学校から戻ってこないのか、どうして盛ったご飯が減っていないのか、私たちに聞いてくるんです」

そう話すのは、ベトナム国籍のレェ・ティ・ニャット・リンちゃん(享年9)の父親のレェ・アイン・ハオさん(35)。3月26日、千葉・我孫子市の草むらでリンちゃんの遺体が発見されてから1年が経った。殺人などの罪で起訴された元保護者会会長・渋谷恭正(やすまさ)被告(46)はいまだ黙秘を続けている。


「初公判は6月4日に開かれます。渋谷被告は容疑を否認したまま起訴され、いまだに弁護士以外は接見禁止。黙秘を続けているので、なぜリンちゃんが狙われたのかなど、多くのナゾがそのまま残っているのです」(県警担当記者)

前出・ハオさんが話す。

「渋谷が犯人なのだったら、リンちゃんになにをしたのか、明確に説明して欲しい。(罪を)認めてほしいです」

犯行の全容は明らかになるのだろうか。父の無念は消えることはない。

リンちゃんは存命であれば、この4月に小学5年に上がるはずだった

写真:蓮尾真司

 

Photo Gallary2

share icon記事をシェアする

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事