「石原さとみを押さえろ!」五輪延期の隙を狙って争奪戦が始まった

目撃!ハリコミ24 <東松島 11時56分>

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
五輪延期の動きが加速するなか、強風にさらされながらも、石原さとみは笑顔をふりまいていた

3月20日の午前11時、東松島市(宮城県)の航空自衛隊松島基地は、華やかな空気に包まれていた。東京オリンピックの聖火到着式が行われていたからだ。

列席者の中でひときわ輝きを放っていたのが、石原さとみ(33)。聖火リレー公式アンバサダーの石原は、特別輸送機から聖火が現れると、拍手で出迎えた。

「石原は、聖火リレーのランナーとして、長崎県内を走る予定でしたが、ランナーによるリレーは見送られる見込みで、それ以外の五輪関連イベントも白紙になる可能性があります。業界関係者の間では、〝五輪イベント中止で石原のスケジュールが空いたら、すかさず押さえろ〟という声が飛び交っています(笑)」(スポーツ紙記者)

式典では笑顔で手を振っていた石原。五輪延期が決まった現在、彼女の胸中もさぞや複雑だろう。

(本記事は『FRIDAY』2020年3月27日発売の4月10日号掲載記事です)

Photo Gallary1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事