安倍昭恵夫人 手越祐也、藤井リナと食事で思う「同じ穴の狢」感

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
新型コロナ流行中に花見で、今年も”桜”で物議をかもす安倍昭恵夫人(‘19年)

「レストランに行ってはいけないのか!」

安倍晋三総理大臣の妻・昭恵夫人が3月下旬に、芸能人を含む10数人で会食し、お店の庭に咲く桜をバックに記念写真を撮っていた。そしてその写真が流出、物議をかもしているのは周知のこと。この問題は参議院予算委員会でも取りあげられた。

立憲民主党の杉尾秀哉参院議員の質問に対し、安倍首相は写真について「レストランの敷地内にある桜を背景に記念撮影したもの」として、「東京都が自粛を要請している公園での花見の宴会ではない」と釈明。そして冒頭のように逆ギレ発言だ。

誰もそんなことを指摘したわけではない。これには、目が点になった人が多かった。

いい大人が、しかも一国の総理がこんな小学生みたいな反論をするとは。ひと言、「申し訳ありません。妻には厳重注意しました」と言えばいいではないか。もっともそれで、国民が納得するわけではないだろうが。

そして、この会合に参加していた手越祐也や藤井リナについて、ファンの間からは「とばっちりでかわいそう」や「首相夫人に誘われたら断れないでしょう」という声がある。しかし、それで済まされる話だろうか。

手越は32歳、藤井は35歳。ハッキリ言って、未成年のアイドルとは違う。いい大人だ。

やっていいことといけないことの分別くらいつきそうなものなのだが。仮に昭恵夫人に執拗に誘われたとしても、芸能人ならスケジュールの都合などと、いくらでも断る理由を作ることくらいできるだろう。

それをしなかったというのは、彼らも誘われてまんざらでもなかったということか。

もともと手越はジャニーズタレントの中でも“遊び人”で有名。アイドルから一般人まで、女性とのウワサも後を絶たず、金塊強奪犯と接点がある疑惑も報じられた。藤井もその行動について過去に取りざたされたこともあり、二人の評判はあまりよくない。

そんな彼らと関係がある昭恵夫人に“脇が甘い”なんて声もあるが、手越、藤井がかわいそうという意見と同じで的外れな意見である。会食に参加したメンバーは全員“同じ穴の狢”でしかないのだ。

ジャニーズ事務所は、所属するグループの『Snow Man』のリーダー・岩本照の活動休止を発表した。3年前に未成年女性との飲み会に参加していたことに対する処分なのだが、これまでの同事務所の対応と比べるとかなり重い処分だと思える。

「未成年飲酒といっても、3年前の話ですからね。ほかの事務所だったらこんな厳しい処分は下さないでしょう。ジャニーズ事務所が所属タレントの規律引き締めを本気でやろうとしているのがわかります。であれば、こんな時期の会食に参加した手越さんも咎められるべきです。

“自分がコロナに感染するかもしれない”、あるいは“感染させるかもしれない”ということを考えたら、ベッド写真や飲酒写真の流出よりもある意味、罪深い気がしますけどね。それに今は昭恵夫人と交友があること自体が恥ずかしいと思われがちですから」(芸能プロ関係者)

手越や藤井が昭恵夫人と交流があることが“ステイタス”と見られるかといえば、現状を鑑みたらはそうは思えない。かといって、利害を度外視した友人関係かどうかも疑問だ。

昨年の『桜を見る会』に参加していた芸能人たちが非難されたのは、まだ記憶に新しい。ファーストレディーと仲良くしたい気持ちはわかるが、この人だけはやめておいた方がいいのでは……。

  • 佐々木博之(芸能ジャーナリスト)

    宮城県仙台市出身。31歳の時にFRIDAYの取材記者になる。FRIDAY時代には数々のスクープを報じ、その後も週刊誌を中心に活躍。現在はコメンテーターとしてもテレビやラジオに出演中

  • 写真アフロ

Photo Gallary1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事