星野源で炎上の安倍総理 政界で昭恵夫人”仕掛け”説が流れるワケ

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
安倍総理の炎上動画にも、昭恵夫人の影が噂されているが……

「あなたは安倍政権を支持しますか?」

FNNの4月の世論調査によると、「支持する」は39ポイント、「支持しない」は44・3ポイントだった。先月の調査では支持が41・3ポイント、不支持が41・1ポイントで、ついに不支持が支持を上回った形だ。

衝撃的な数字は続く。新型コロナウイルスへの政府対応について、3月は「評価する」が51・4ポイントだったのに対し、4月は28・7ポイントに急落。「評価しない」は38・9ポイントから64ポイントに急上昇した。

そんな安倍晋三首相が最も嫌がるのが、次の問いに関する答えだ。

「休業要請をめぐる政府と東京都。適切なのはどちら?」に「政府」と回答した人はわずか12・5ポイント。小池百合子が知事を務める「東京都」と答えた人は74ポイントに上った。政界関係者は、

「小池都知事はここが勝負どころと踏んで、積極的にテレビ出演し、コロナ対応をアピールしている。対する安倍首相は防戦一方だ」

と話す。

その焦りがさらなる炎上を招いた。安倍首相は12日、公式ツイッターに、

「友達と会えない。飲み会もできない。ただ、皆さんのこうした行動によって、多くの命が確実に救われています。そして、今この瞬間も、過酷を極める現場で奮闘して下さっている、医療従事者の皆さんの負担の軽減につながります。お一人お一人のご協力に、心より感謝申し上げます」

というメッセージとともに、人気アーティスト・星野源の歌う「うちで踊ろう」に合わせた“コラボ動画”を投稿した。

そこには自宅のソファーでくつろぎ、愛犬とじゃれ合ったり、貴族のようにティーカップを傾ける首相の姿が……。国民に一方的な外出自粛を呼びかけ、飲食店には満足な補償も示さないなかでの“くつろぎ動画”に、ネット住民からは「何様だ」「不快だ」「腹立たしい」の大ブーイングが巻き起こっている。

「小池都知事は人気ユーチューバーのHIKAKINとコラボして不要不急の外出自粛を呼びかけ、話題になりました。これに対抗するために、首相は人気アーティストである星野さんに便乗したのでしょう。完全に逆効果になりましたが」(政界関係者)

星野は自身のラジオで、この楽曲の制作意図について「家にいましょうとか、外に出るなということではない」「家の中で楽しくなれる、おもしろがれる仕組みを作りたいな、と思って」と説明していた。その真意を無視して、政治利用したのだから、星野ファンならずともあざとさを感じ、激怒するのは当然だ。

見かねた星野は12日夜、インスタグラムのストーリーズを更新し

「ひとつだけ。安倍晋三さんが上げられた“うちで踊ろう”の動画ですが、これまで様々な動画をアップして下さっている沢山の皆さんと同じ様に、僕自身にも所属事務所にも事前連絡や確認は、事後も含めて一切ありません」

と釈明。前出の政界関係者は、

「一部で『星野と安倍が組んだのではないか』などとウワサされたため、クギを刺したのでしょう」と解説する。

ウワサとえいば、永田町ではこのコラボ動画に関して「仕掛け人・昭恵夫人説」が流れている。自宅でくつろぐ首相の様子を撮影できる人は身内などに限られることに加え、アナログ寄りの首相がこんなことを考え付くとは到底思えない……といった理由からだ。

「芸能人が好きなアッキーは、星野源も好き。フェイスブックも頻繁に更新するなど、首相よりは少なくともSNSには詳しい。くわえて、過去の一連のKY行動を振り返ると、今回の件もいかにもアッキーがやりそうなことだ、ということです」(全国紙政治部記者)

昭恵夫人と言えば、森友学園問題や“私的桜を見る会”などで、再三やらかしてきたことで知られる。安倍首相はその都度、妻に苦言を呈してきたが「言いすぎると、アッキーはいじけて家を出て行ってしまう」(前出・政界関係者)とか。

国民に外出自粛を呼び掛けている手前、アッキーにも「STAY HOME」させたはいいが、もし本当に彼女がヒマを持て余し、今回の炎上劇を招いたのなら、もはやどう扱っていいかわからないレベルだ。

さて、この動画の仕掛け人は誰なのか。いずれにせよ、政府のコロナ対策や広報の仕方に国民からの不満が募っているのは事実。はたして、このままで早期の鎮静化を図ることはできるのだろうか――。

  • 写真つのだよしお/アフロ

Photo Gallary1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事