犬猫専用品も登場する、世界各国の奇抜なマスク事情

深刻なマスク不足が続くなか、新型コロナの感染拡大で新しいアイデア続々

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
犬に新型コロナウイルスの陽性反応が出たと発表されて以降、中国では愛犬に防護マスクをつける飼い主が多い(写真:Getty Images)

新型コロナウイルスの感染拡大によって、世界各国で深刻なマスク不足が続いている。そんな中、奇抜すぎる手作りマスクをつけて、暗いムードを吹き飛ばそうとしている人々がいた。

「欧米人はこれまでマスクをする習慣がなかったため、アメリカではマスクが足りていません。そのため、政府が手作りマスクの作り方をネット上で公開する事態となりました。そこで、みんなが新しいアイデアでマスクを作り始めたんです。僕も先日、ツイッターにボクサーパンツを使ってマスクを作る動画を上げましたが、評判は上々です(笑)」(テレビプロデューサーのデーブ・スペクター氏)

中国では、犬や猫にマスクを付けたカワイすぎる写真がSNS上で拡散され、世界中で話題になった。終息が見えないコロナ禍も、ユーモアがあれば乗り越えられると信じたい。

2月9日、マスクで顔を覆った猫が中国のSNS上に投稿され、話題になった。目の部分に穴が開けられている
依然としてマスク不足が続いているメキシコでは、マスク代わりにブラジャーを巻き付ける男性も登場している
グラミー賞アーティストのエリカ・バドゥはスプレーで彩った防護服姿で映画祭に現れた
アメリカ政府は国民にマスクの自作を推奨しているため、DIYで奇抜なマスクを作る人も
イタリアのエンジニアは、3Dプリンターを使ってシュノーケリング用マスクを簡易的な酸素マスクに改造した

『FRIDAY』2020年4月24日号より

  • 写真Getty Images アフロ

Photo Gallary6

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事