安倍総理「うちで踊ろう」動画に星野源サイドが“放送NG”のワケ

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
星野源とのコラボ動画で炎上した安倍総理。政界では”昭恵夫人関与説”が流れているというが……

シンガーソングライターで俳優の星野源が4月12日に自身のインスタグラムに投稿した「うちで踊ろう」が社会現象となっている。

世界中が疲弊するこのコロナ禍でひたすら自粛を求められる中、星野のこの曲が日本中に一筋の光明が差し込んだ。

《うちで歌おう 悲しみの向こう 全ての歌で 手を繋ごう 生きてまた会おう 僕らそれぞれの場所で 重なり合えそうだ》(一部抜粋)

このコロナで苦しい状況を“みんなで乗り越えて生きてまた会おう”というメッセージ性の高い曲は、非常に多くの人の共感を呼んだ。そして、“誰かこの動画に楽器の伴奏やコーラスやダンスを重ねてくれないかな”と星野が書き添えると多くの芸能人が賛同した。

高畑充希がハモり、渡辺直美が踊り、ピアニストの清塚信也が伴奏を弾き、さらにガチャピンとムックまでもコラボした。そしてがんで闘病中の宮川花子も歩行器につかまりながらこの歌を口ずさむなど数えきれないほどの著名人たちが続々と投稿。それらを星野は感謝し、自身のインスタグラムのストーリーズに大量に載せている。

ただ一人を除いては……。

それは安倍晋三総理だ。自粛を促すのにもってこいと思ったのか、安倍総理が部屋で犬とくつろいだり、コーヒーを飲んだりする動画を12日にSNSにアップした。

すると賛否が分かれ日本中で激しい議論を呼ぶことになった。

星野はこの安倍総理の投稿に対しインタグラムのストーリーズ(24時間で自動的に削除される機能)にコメントを出した。

《ひとつだけ。安倍晋三さんが上げられた“うちで踊ろう”の動画ですが、これまで様々な動画をアップして下さっている沢山の皆さんと同じ様に、僕自身にも所属事務所にも事前連絡や確認は、事後も含めて一切ありません》

この動画は許諾はなしでコラボしてアップしていいものだという最低限の内容だけをコメントし、この対応もまた世間は賞賛した。

しかし大人には本音と建前というものがあるものだ。テレビ局関係者は明かす。

「芸人のたむらけんじさんや、モノマネのビスケッティ佐竹さんが、安倍総理の動画のパロディを投稿して、こちらも話題になりました。松井一郎大阪市長もたむらさんに《安倍総理に届きますように! 拡散希望! これは怒られるやつや! 笑い》とネタにしていました。この社会情勢で芸能ニュースやロケも自粛する中、情報番組としてはこういったコロナ関連ネタに飛びつくしかないんです。

そこで、番組が星野さんサイドに動画の使用許諾の申請をすると、他のタレントとのものはOKでも、“安倍首相とコラボしている動画だけは使用NG”が出たそうです。当初は放送しても大丈夫だったのですが、総理への世論の反発などを見て対応が変わったということでしょう。やはり政治利用されたと思い関係者は怒っているのかもしれません」

この背景には世間の声も然りだが、各テレビ番組でも苦言が相次いだことがあるだろう。

『Live News it!』(フジテレビ系)でフリーアナウンサーの加藤綾子は、

「周りで何かアドバイスする方いなかったのかなって思いますが」

と総理の暴走を周囲が止められなかったことを憂い、『スッキリ』(日本テレビ系)の近藤春菜に至っては、

「トップの立場とか役目を考えた時に、国民を喜ばせたり、安心させたりするにはこの発信ではないなって」

と普段以上の辛口のコメントを残している。

批判が殺到している安倍総理とコラボしても、星野源サイドには全くメリットがない。しかし菅義偉官房長官は13日の会見で、「(コラボ動画は)過去最高の35万を超える『いいね』をいただくなど多くの反響がある」として世間に受け入れられていることを強調した。

受け取り方は千差万別、十人十色だろう。ただ一つだけ言えることは、星野サイドは“NO”という意思表示をしているということだ。

  • 写真アフロ

Photo Gallary1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事