NHKも見限る!? 岡村隆史「コロナ収束後の風俗」発言で大炎上

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
ラジオでの不用意な発言で炎上した岡村

「収束したら、なかなかのかわいい人が短期間ですけれども、お嬢(風俗嬢)やります」

岡村隆史の発言がこの上ないほど大炎上している。

事の発端は4月23日放送の『ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン』(ニッポン放送)内での発言。岡村は新型コロナウイルス感染拡大で風俗通いを我慢していると明かした。

リスナーからの「今後しばらくは風俗に行けない?」という趣旨のメールに対し、

「今は辛抱。『神様は人間が乗り越えられない試練は作らない』って言うてはりますから。ここは絶対、乗り切れるはずなんです」

と美談っぽく話したが、これはあくまで風俗通いの話だ。

そして「コロナが収束したら、もう絶対面白いことあるんです」と前置きしたうえで、冒頭の“かわいい子が風俗に流れ込んでくる”という発言に至った。さらに、

「短期間でお金を稼がないと苦しいですから。3カ月の間、集中的にかわいい子がそういうところでパッと働いてパッとやめます」

という持論を展開した。すると、新聞記者の望月衣塑子氏はツイッターで岡村発言に対し、

《こういう言葉が、著名な芸能人から出てくる異常さ。風俗に身を投じざるを得ない女性の立場を全く分かっていない。撤回するべきだ。》

と断罪。さらにSNSなどでネット上も大荒れとなった。

《これは一発アウト》
《身近な人間が風俗で働いていたという“乗り越えられない試練”を苦に自殺しました。人の不幸を願うことはやめてください》

「こういった貧困女性の存在は社会問題となっています。例えばシングルマザーで子供が寝ている間しか働けないような女性や、夫が勝手に作った借金の返済で首が回らなくなり、ついには闇金に手を出し、風俗でやむを得なく働く女性もいます。コロナで経済が悪化するなか、やむなく風俗で働かざるを得ない女性も出てくるものと思われます。

それを“神様の試練”などとバカげた比喩は世間が許さないのは当然です。毎年億単位で稼いでいるだろう岡村さんには貧困女性の気持ちなど分からないのでしょう。大河ドラマや『チコちゃんに叱られる!』など、NHKに多く出演しています。暮れの紅白歌合戦の司会候補にもなっていますが、今回の発言で見限られるかもしれませんね」(スポーツ紙記者)

さらに‘17年に出会い系バーに頻繁に出入りし、売春や援助交際などの貧困調査をしていたという元文部科学事務次官の前川喜平氏もツイッターで、

《岡村の発言はもう復活不可能のレベルだろう》

と投稿。“貧困調査のプロ”であり、文部科学省を引責辞任し“復活不可能”になった先輩・前川氏が言うなら岡村も身に染みて痛感することだろう。

男女問わず今回の岡村の女性蔑視発言に違和感を覚えた人も多いはず。コロナ禍で困難を抱えているのは、芸能人だけではないということを理解すべきだろう。

  • PHOTO西 圭介

Photo Gallary1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事