コロナで休業…老舗とんかつ屋店主が油をかぶり焼死したワケ

創業50年の名店店長が亡くなった。東京五輪の聖火ランナーにも選ばれた男性を襲った悲劇とは

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
東京・練馬区内の老舗とんかつ店から白い煙が上がった。店主の男性が救急隊員によって慌ただしく運び出され、搬送先の病院で死亡が確認された。妻と3人の娘がいる5人家族だった

東武東上線・東武練馬駅近くの商店街に、消防車のサイレン音が響き渡った。4月30日夜10時過ぎ、本誌カメラマンが火災現場に急行すると、老舗とんかつ店の裏手から、シートに覆い隠されたストレッチャーが運ばれていった(写真)。救急車に乗せられる瞬間には、上に伸びたままの黒い左腕がわずかに見えた。

店主の男性(54)は全身やけどで死亡。店は4月13日から臨時休業しており、火災発生当時、店内にいたのはこの男性一人だけだった。マラソンが趣味の男性は、東京五輪の聖火ランナーに応募し、選ばれた際には「夢のようだ」とSNSに投稿していた。だが、五輪は延期。店の再開も目途が立っていなかった。

「真面目で何事にも一生懸命な人でした。30日の夕方、私が店を訪ねると、彼はかなり暗い雰囲気で、『もう、どうにもならない』『お店をやめます』と話していました」(商店街の組合理事長・大野裕之さん)

全国紙社会部記者が言う。

「遺体には油を被った形跡があった。火元も厨房ではなく客席付近らしく、警視庁は焼身自殺の可能性も調べています」

店主の無念を思うとやり切れない――。

火災の翌日から、店の前には献花やメッセージが置かれた。店主は商店街組合の副理事長だった
被害者男性は義父の後を継いで3代目店主に。夫婦で店を切り盛りし、地元客に愛されていた

『FRIDAY』2020年5月22日号より

  • 撮影結束武郎

Photo Gallary3

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事