菅野美穂 手作りマスク着用でママチャリ疾走の「肝っ玉母ちゃん」

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
4月末の昼間、都内をママチャリに乗って疾走する菅野美穂。カゴの中にはスーパーで購入したチンゲン菜が見える

4月末のよく晴れた昼間、都内にある公園のそばを一台のママチャリが颯爽(さっそう)と駆けていった。ママチャリに乗った女性は、柄の入った手作り風の布マスクを着け、白いプリーツスカートをはためかせながら力強くペダルを漕(こ)いでいる。前後にはチャイルドシートが取り付けられ、カゴの中にはスーパーで買ったチンゲン菜などの食材が入っている。

なんとこのママチャリの主は、女優の菅野美穂(42)だった。

’15年と’18年に夫の堺雅人(46)との間に2児をもうけ、育児に奮闘中の菅野。すっかりママの顔となった彼女は、わが子が待つ自宅へと走り去った。

菅野の意外なまでに庶民的な姿を見かけた翌日、今度は同じ場所に、夫の堺の姿があった。丸メガネに黒マスク、白いトレーナー、黒いスウェットパンツ、そして背中にはデイバッグというカジュアルファッションに身を包んだ堺は、キョロキョロと後ろを振り返りながら少しずつ歩いていく。どうやらタクシーを拾いたいようだ。100mほど歩いてようやくタクシーを捕まえることができたが、その表情は心なしか冴(さ)えない。

「4月に放送開始予定だった主演ドラマ『半沢直樹』(TBS系)は撮影が進まずスタートが延期になりました。今回の主演は、二人目の子供ができて以来仕事をセーブしていた堺にTBSが無理を言って頼み込む形で実現したもの。そんな中、撮影が延期となってしまい、堺は困惑しているようです」(芸能プロ幹部)

そもそも、堺が『半沢直樹』で久しぶりに連ドラ主演を務めることを決意したのは、先ほどママチャリで逞(たくま)しく買い物をしていた妻・菅野の影響だったという。

「菅野は家計のやり繰りから家事、育児、ママ友付き合いまでを一手に引き受けてこなしています。『夫には家のことは気にしないで仕事に打ち込んでほしい』という思いからなのだとか。堺はそんな菅野の”肝っ玉母ちゃん”ぶりに背中を押されて、連ドラ主演という大役を引き受けることに決めたのです。堺は菅野へのお礼の気持ちを込めてか、今年1月に彼女と彼女の両親をハワイ旅行に連れて行っていました」(前出・芸能プロ幹部)

仕事が思うように進まず、いまは堺にとってもどかしい状況かもしれない。ただ、菅野の支えがあればこの現状も乗り切ることができるだろう。

菅野を目撃した翌日、同じ場所には夫の堺の姿が。カジュアルなファッションのせいか周囲に溶け込んでいた
本誌未掲載カット 菅野美穂 手作りマスク着用でママチャリ疾走の「肝っ玉母ちゃん」

『FRIDAY』2020年5月22日号より

  • 撮影原一平

Photo Gallary3

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事