コロナ感染の石田純一 退院でも妻の東尾理子が沈黙で“失うモノ”

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
店の前でハグする石田。今回のコロナ感染は仕事面での影響も出てきそうだ……(‘19年)

《この度 私 石田純一が新型コロナウィルスによる肺炎に罹患したことで多くの方々にご迷惑をおかけし、不快な思いにさせてしまったことを深くお詫び致します。大変申し訳ありませんでした》

新型コロナウィルスに感染し入院中だった俳優の石田純一が5月12日に退院。約1か月ぶりに自宅へ戻り、直筆で謝罪コメントを発表した。

石田は自身の冷麺店のスタッフと打ち合わせのため沖縄に行ったが、知人とゴルフなどを楽しんでいたところ具合が悪くなった。先日、本サイトが報じたとおり、石田は事あるごとに沖縄に行き、自身の店で若い女性を見つける度に声をかけたり、過去、知人が開いてくれた会食では、現地のコンパニオン会社を通じて”接待”を受けていたことが独自取材で判明した。

「妻の東尾理子さん4月16日のブログで“お詫び”というタイトルを投稿してから現在(5月14日時点)まで、約1か月間もSNSなどで動きは見られません。退院しても世間に何も言わないところが気になりますね。やはり世間からのお叱りを受けたことが響いているのでしょう。

中でも特に気になっているのは、長男である理汰郎くんの学校のことのようです。なんと言っても超名門私立小学校に通っていますし、父兄の間で変な噂が立たないかとナーバスになっているようですね」(芸能リポーター)

石田は13日放送の『Live News it!』(フジテレビ系)に生電話で出演し、

「レギュラー番組も降ろせ、CMも降ろせと、そういうお叱りがいっぱいきまして……」

と、世間から厳しい声があったことを明かしている。

確かにSNSなどのコメントを見てみると、

《身勝手な行動で感染を広げるだけじゃなく、人命を奪っていた可能性もある》
《やっぱり許せない。もうテレビに出ないでほしい》

と言った批判が多い。

確かに、誰でも感染の可能性がある新型コロナに感染にしてしまったことは、仕方がないことかもしれない。それでも、仕事面での影響が出てしまいかねない状況だ。

「石田さんは、ワイドショーなどでよく見かける企業の商品発表会や映画などの芸能イベントには引っ張りだこでした。それは囲み取材などでいつもリップサービスしてくれて、家族のことなどプライベートも赤裸々に語ってくれるのでオンエア率が高いから、なんです。企業も石田さんを呼んでおけば安心という気持ちがあった。

イベントは1時間程度で終わるものが多いですが、1本で数百万円のギャラは支払うでしょう。人気のママタレでも300万円くらいは必要なのでそれを上回るはずです。テレビでそのイベントが放送されると、たった15秒のCMに比べると露出時間もウンと長いですしこんなギャラなんて破格の安さですよ。

しかし今回の世間の厳しい声を見ているとイメージの低下は避けられないので、今後オファーする企業は激減する可能性がありますね」(ワイドショー関係者)

ただテレビ局は裏腹に、石田の炎上を逆手にとって独占インタビューで視聴率を稼いでいるようだ。

かつて「不倫は文化」という名言を残した石田も、長い年月をかけ、ようやく東尾と3人の子どものパパとして世間の好感度を獲得してきた。新型コロナで失った信頼と「巨額マネー」が、再び戻ってくるのはいつになるだろうか――。

  • PHOTO山田宏次郎

Photo Gallary1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事