志村けんさん“6000万円”ロールスロイス売却に群がった詐欺師

新型コロナで急逝した志村さんの愛車が、あわや詐欺師に悪用されそうに……

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
’16年、馴染みのガールズバーから出てくる志村けんさん。飲み会に行く時は、いつもロールス・ロイスで現れた

「5月上旬、志村けんの愛車が売りに出されているという情報を入手しました。走行距離は16万㎞と使い込まれてはいましたが、最初の売値は900万円――。大物芸能人が乗ったクルマで、かつ相場よりも安い値段で高級車が買えるとわかり、入札に参加したんです。結局、事情があって購入までは至りませんでしたが……」

こう話すのは、都内で自営業を営むA氏である。3月29日、新型コロナウイルスによる肺炎で急逝した志村けんさん(享年70)。彼が生前、多くの美女と乗った愛車ロールス・ロイス「ファントム」が約1000万円で売却され、新たなオーナーの元に渡ることが決まった。新車だと最低6000万円以上だと目される超高級車で、付き人3人の退職金代わりに売却されたという。

志村さんの事務所「エスカンパニー」から後継者探しを正式に請け負ったのは、株式会社PRINCEの仙波王仁(おうじ)氏。愛媛県松山市で高級車専門店を経営しており、中古車販売の仕事も手掛けている。

「元々、志村さんの付き人とお付き合いがありまして、このまま置いていても税金や維持費が掛かると相談を受けたことから今回のお話が始まりました。志村さんの兄、美佐男さんとも直接お会いして最終的な確認もしております。

ロールス・ロイスに関しましては、西日本に住むファンの男性にお譲りすることが決定しており、納車に向けて弊社でメンテナンス中です。お問い合わせ自体は十数件ほどありまして、その中から購入者が決まりました。

中には転売しようとしている方もいたので、いわゆる〝一見(いちげん)さん〟ではなく、高級車販売業界でつながりがあり、身元のしっかりしている方を厳選させていただきました。志村さんの事務所からは、同様にキャデラック・エスカレードの売却も頼まれており、現在も信用のおける後継者を探しております」

しかし、実は仙波氏が請け負う前から志村さんのクルマが売られているという情報はSNSを中心に流れており、仲介人を名乗る人々が多数存在するという奇怪な事態に陥っていた。実態について、事務所関係者が話す。

「4月下旬、付き人の知人がクルマの写真を勝手にネット上へ流出させたため、怪しげなブローカーたちに目をつけられてしまった。その後、『志村さんの愛車を私が売っています』とニセの売却話を持ちかける詐欺師が続出したんです。故人の名前を使って詐欺を働くとは、本当に許せません」 

思わぬハプニングがあったものの、無事に引き取り先が決まったロールス・ロイス「ファントム」。志村さんの遺志は、新しいオーナーへと引き継がれるはずだ。

ブローカーにより拡散されたロールス・ロイスの写真。志村さんの事務所関係者によって撮られたものだという
’10年、タレントの磯山さやからと麻布十番の鉄板焼き店を訪れた志村さん。ロールス・ロイスで颯爽と帰宅した
ロールス・ロイスの車内。綺麗に保たれているが、クッション部分からは13年乗り続けた年季が感じられる
東京運輸支局発行の自動車検査証には、車両番号だけでなく事務所「エスカンパニー」の住所が記されており、使用者は志村さんの本名、康徳と書かれていた

『FRIDAY』2020年6月5日号より

  • 撮影山田宏次郎、原一平

Photo Gallary5

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事