手越祐也に厳しい処分…マスコミ対策をも放棄したジャニーズの激怒

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

《デビュー以来初、無期限の全芸能活動自粛》(日刊スポーツ)
《事務所「やむを得ない」》(サンケイスポーツ)
《ついにレッドカード》(中日スポーツ)

5月26日にアイドルグループ「NEWS」手越祐也の芸能活動自粛が発表。一報を伝えたスポーツ紙は、ウェブ版とはいえ厳しい言葉が見出しを踊った。

「手越が所属するジャニーズ事務所は、芸能界でも1、2を争うほど、マスコミ対策が上手く、所属タレントを守るのに長けてきた。ですので、週刊誌が報じたスキャンダルでも、テレビやスポーツ紙がスルーすることがよくあります。所属タレントの処分に対しても、サラリと報じることが多々あるのですが、今回の手越の処分に関しては、思いのほか厳しい言葉が並んでいた。これには驚きましたね」(芸能レポーター)

手越は新型コロナ感染防止の緊急事態宣言下の4月下旬、女性たちを集めた“飲み会”を開催していたことを週刊文春がスクープ。ジャニーズは事態を重くみて、所属タレント全員が参加する期間限定ユニット『Twenty★Twenty』への参加を見合わせた。

だが、彼は反省するどころか、5月23日に六本木のラウンジに来店。そこの女性を引き連れ、近くのバーへハシゴする様子を、またも『文春オンライン』で報じられたのだ。

処分が発表された日には、特にジャニーズと“蜜月関係”にあるといわれる女性週刊誌「女性自身」さえも、『手越祐也にジャニーズ事務所が告げた最後通告「次は退所を」』と題した記事を掲載していた。“友好誌”と言われることがあるにもかかわらず、なかなか厳しいタイトルだ。

「表紙やグラビアなどにジャニタレを使うことが多い女性自身は、ジャニーズに対しては最大限に気を遣っている。それでも、タイトルに『最後通告』と入れてくるあたりは、事務所内の空気感を代弁しているのでしょうね」(スポーツ紙記者)

ちなみに、同日に発売された「週刊女性」には、『手越祐也、年内で事務所を退所へ! 4月に親友と飲んで明かしていた本音』と題し、知人たちにジャニーズへの不満と退所をほのめかしたことを報じている。女性週刊誌2誌が、厳しい内容の記事を出してきたことは、偶然ではないだろう。

「ジャニーズには長年、マスコミ対策をしている重鎮の広報担当者がいるんです。スキャンダルへの対応はお手のもので、テレビ局やスポーツ紙は彼の“お願い”なら聞いてしまうんです。ですが、今回に関しては“好きに報じて結構ですよ”というスタンスのよう。つまり、手越については“もう守らない”ということでしょうね」(ワイドショー関係者)

まさにテレビ、スポーツ紙、“友好的”な週刊誌までが、こぞって厳しく報じた手越の処分の舞台裏、というところだ。それに一番驚いているのが、手越自身だという。

「手越がジャニーズ創業者のジャニー喜多川さんの姉で、現在の社長であるジュリー藤島氏の母であるメリー喜多川氏のお気に入りだったのは有名な話。それゆえに、数々の女性とのスキャンダルや、金塊強奪犯との同席写真が流出しても、処分されることはなく、ワイドショーなどで報じられることもほとんどありませんでした」(芸能プロ関係者)

それが、彼の“私生活の乱れ”を助長させたのは間違いないだろう。

「タッキーこと滝沢秀明氏が‘19年に副社長に就任してからは、タレントのスキャンダルに対しては『守る』ことから『厳罰』に変わった。そうすることで、風紀の乱れを取り締まることにしたのです。そのことを軽視した手越は、大きなペナルティを課されることになるでしょう」(前出・芸能プロ関係者)

手越が周囲に「メディアに顔が利くから大丈夫。オレは撮られない」と豪語していたことを、昨年フライデーが報じている。“特別扱い”されているという甘えが、彼を窮地に追い込んだのだろう。

  • PHOTO結束武郎

Photo Gallary1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事