金正恩重病説に猛反論!北朝鮮に現れた「謎の美女ユーチューバー」

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
5月24日。朝鮮労働党の中央軍事委員会に出席した金正恩氏。従来のやり方ではなくSNSなど最新の技術を駆使した情報発信に取り組んでいるといわれる

「フェイクニュースは望ましくないことです」

こう視聴者に語りかけるのは、20代前半と見られる短髪の美女「ウンア」だ。彼女は北朝鮮で最も有名なユーチューバーで、海外メディアも関心を寄せる存在。その正体は不明だが、時に流暢な英語を使い北朝鮮の内情を流している。

『金正恩 狂気と孤独の独裁者のすべて』などの著書があり、「ウンア」にいち早く注目した東京新聞論説委員の五味洋治氏が語る。

「『ウンア』が登場するのは、『Echo DPRK』という北朝鮮のユーチューブチャンネルです。同チャンネルは17年8月に作られ、以前は北朝鮮ののどかな日常生活などを流していました。注目されるようになったキッカケは、今年4月。金正恩委員長に重病説が流れ、米紙『ワシントンポスト』が平壌で買い占めが起きていると報道。それに反論するような動画に、『ウンア』が出演したんです」

動画の冒頭で「ウンア」は「買い占めは真実でしょうか。偽りでしょうか」と語りかけ、平壌市内の大手デパートを訪れる。店内に溢れる豊富な品々。「ウンア」が尋ねると、買い物客は「モノは不足していません」と平然と答えた。そして彼女は「フェイクニュースは望ましくない」と言って、番組を締めくくるのだ。五味氏が続ける。

「以前なら北朝鮮の党機関紙『労働新聞』や『朝鮮中央テレビ』が、おどろおどろしく『米帝国主義が我が国の人民を惑わすような誤報を繰り返している』などと報じたハズです。しかし今回は従来のメディアだけでなく、ネットを駆使する若者を意識し動画を利用している。北朝鮮としては斬新な手法でしょう」

「ウンア」は、金正恩氏が20日ぶりに公の場に姿を見せたことに対する海外の報道にも反論。一部メディアが正恩氏が訪れた工場を「核兵器に使われる抽出基地としても活用される」と報じると、「穀物生産基地です」と否定したのだ。

正恩氏の妹・与正氏が関与か

海外でも注目される北朝鮮のユーチューバー「ウンア」。(「Echo DPRK」Children Health Day Un A’s Pyongyang Tour Seriesから引用)

さらに「ウンア」は、外国メディアが入れないような場所でも自由に撮影。新型コロナウイルスの感染予防をしている現場や、高級アパートに住む子どもたちの暮らしを流し北朝鮮のイメージ向上に一役買っている。動画は大半が2分ほどだが、アクセスが2万を超えるモノもあるのだ。

「韓国の研究者は、『ウンア』の動画には正恩氏が大きく影響しているとみています。特に深く関与していると思われるのが、妹の与正氏。北朝鮮の宣伝担当をしているのは与正氏ですから。

正恩氏には海外留学経験があり、30代と年齢も若い。一説には毎日『CNN』を熱心に見て、海外の報道を研究していると言われます。今後は若い世代を意識し、情報発信もSNSなど従来とは違った方法が多くなるのではないでしょうか」(五味氏)

北朝鮮の新たなスポークスマンとなりつつある「ウンア」。アクセス数は日に日に伸びている。果たして北朝鮮ユーチューバーが、世界を席巻する日は来るのだろうか。

  • 写真KNS/KCNA/AFP/アフロ

Photo Gallary2

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事