都心に迷いジカ…!決死の逃亡2日間「捕獲現場」写真

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
6月3日お昼前。荒川の河川敷でようやく捕獲されたシカ

「シカはなんとか包囲を突破しようと、2m近い高さまでジャンプしました。警官たちは巨大なアミを掲げ、逃亡を阻止する。シカはあえなくアミにかかり『メェ〜メェ〜』と、苦しそうに鳴いていました。取り押さえた警官たちは、申し訳なさそうに『ゴメンね、もう少しの辛抱だからね』と話しかけていましたよ」(捕獲現場を撮影したカメラマンの叶悠眞氏)

6月3日お昼前、ようやく“迷いシカ”が荒川河川敷で捕獲された。

東京の板橋区や足立区では、5月下旬からシカの目撃情報が続出。6月2日朝からは、荒川の鹿浜橋付近で巨大なアミやドローンを使った大規模な捕獲作戦が始まる。警察や消防、区の職員など約50人が動員されたが、同日中に捕まえることはできなかった。

「警察の発表では子ジカということでしたが、体長は1.5mほどでかなり大きく感じました。ヤブの中へ逃げ込んだり走り回ったりと、動きが素早い。警官たちはかなり苦労していました」(叶カメラマン)

網にかかり興奮気味。荒い息をしていた

翌日、ヤブから平地に出てきたところを無事に捕獲。今後は足立区の保護施設に送られることになる。動物の生態にも詳しい、叶カメラマンが続ける。

「どうやら荒川の上流から現れた、野生の雄シカのようです。今の時期は、シカにとって雌が子どもを産み家族を作るシーズン。雄同士のナワバリ争いに負け、下流に逃げてきたのかもしれません」

足立区ではしばらく迷いシカの状態を見て、今後の対応を決める方針だ。

6月2日、草むらに逃げ込んむ。捜索したが警察官たちの前から姿を消し行方がわからなくなった
捜査員のアミを乗り越えようと跳躍。失敗して捕獲されることになった
取り押さえられたシカは足立区の保護施設に送られた
捕獲作戦を見守る大勢の近隣住民や報道関係者
  • 撮影叶 悠眞

Photo Gallary6

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事