一軒家に猫238匹すし詰め状態…史上最悪の「多頭飼育」崩壊現場

死骸は形が確認できる状態ではなく、糞尿の刺激臭で目も開けられない「地獄絵図」。新型コロナで里親探しも難航中(動画付き)

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
多頭飼い崩壊現場。「死骸は形が確認できるような状態ではなくて、何体だったかわかりませんでした」(勝田氏)

「私たちがその一軒家に向かったのは3月25日のこと。人間は1階で暮らし、そこに100匹近い猫がいたようです。動物管理センターによって1階は清掃されていたので、2階に入りました。床は糞尿で腐っていて、刺激臭で目も開けられません。そこにも100匹以上の猫がすし詰めになっていたんです」(NPO法人『ニャン友ねっとわーく北海道』勝田珠美代表)

北海道札幌市で史上最悪の多頭飼い崩壊が発覚した。その数なんと238匹。現場を一度離れた勝田氏らは、食料30㎏と水40ℓを持ってすぐ引き返したが、それらはあっという間になくなったという。

「うちは雌猫を主に保護してきたのですが、ほとんどが妊娠していました。猫の妊娠期間は2ヵ月で、一度に8匹産む子もいるぐらいですから、避妊去勢の費用を厭(いと)い放置すると急激に増えてしまいます。なぜ早くSOSを出さなかったのか」

勝田氏らの団体では71匹を保護したが新型コロナの影響で譲渡会が開けず、5月25日現在で里親が決まったのは22匹。地獄絵図から救出された多くの猫が、まだ救いの手を待っている。

救出された1匹。ヘレンと名付けられた白猫は衰弱状態を脱し徐々に元気になっているが、耳が聞こえないままだという

 

 

動画はこちらからご覧ください。

  • 写真NPO法人『ニャン友ねっとわーく北海道』

Photo Gallary2

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事