大東駿介の「隠し子&不倫」衝撃告白を大マスコミが報じないワケ

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
女性週刊誌に妻子持ちの”既婚者”であることを報じられた大東駿介。ネット上での反響は大きかったが……(‘19年)

6月4日発売の女性セブンが『大東駿介120分告白「子供3人います」、極秘別居婚の理由とは』と題し、人気俳優のスキャンダルを報じた。

その内容は、‘15年12月に一般女性と“さずかり婚”をした大東は、籍を入れたが過去のネグレクトだった両親のせいで自身が家庭を持つことを拒否し“別居婚”を選んだ。

そしてその後も女優の水川あさみと交際し、それが週刊誌によって明るみに出た。水川には結局結婚していることを知らせないまま別れるに至った…というものだった。

ちなみに水川は現在、俳優の窪田正孝と結婚し幸せに暮らしている。大東はその後、さらに妻との間に2人の子供を作り、新型コロナの感染拡大をきっかけに、生き方を変えようとして、家族と一緒に暮らすようになったという。

大東は現在もドラマ『浦安鉄筋家族』(テレビ東京系)に出演し、これまでも数々の映画やドラマに出演している。主役級の大物俳優ではないにしても、若い女性に人気のある俳優だ。

極秘別居婚に隠し子3人、そして有名女優と結果的に不倫交際をしていた……。この女性セブンの報道はヤフーニュースのトップに上がり、コメント数も3000を超えるほど注目度は高かった。

まさに特大スクープなのだが、なぜかテレビやスポーツ紙でほとんど扱われなかった。

「大東さんの事務所は‘16年まで水川あさみさんも所属していた小規模な事務所です。現在では大東さんが”稼ぎ頭”といったところですね。しかし小さいように見えても、実は芸能界の有力事務所が後押ししているんです。テレビやスポーツ紙は“忖度”したようで、ほとんどの媒体が扱うことはなかったのです」(スポーツ紙記者)

その当該の女性セブンの表紙を見ても、これだけのスクープにもかかわらず、下の方にある見出しタイトルは非常に小さく全く目立たない。記事の内容も“120分独占告白”と銘打っている割には1ページちょっと。通常の週刊誌がこの長さの独占インタビューを取れたら、写真も含め3~4ページは軽く誌面を割くだろう。あたかも“大々的に報じていませんよ”とアピールしているようだ。

「詳しくは言えませんが、女性セブンも記事化するにあたって色々あったみたいですよ……」(芸能リポーター)

記事の最後には“家族は仲間です”“と妻に感謝し、子供に愛情を注ぎながら家族というものと向き合っていこうと思う…という映画のラストシーンさながらの美談で締めくくられている。

「ネグレクトの両親が子供の頃に蒸発してしまうという壮絶な体験談を盾に、極秘婚中の不倫や隠し子を緩和させた。今は家族を愛しているという話にして、芸能人としてのダメージを最小限に抑えたい…という作戦ではないでしょうか。万一にも、一度謹慎や活動休止などに追い込まれたら、復帰にはとてつもない時間がかかる。それだけは避けたかったのでしょう」(前出・芸能リポーター)

ネット記事のコメント欄やSNSでは“知らずして不倫させられていた”水川に同情するコメントが多く見受けられる。

大東は男らしく公表したつもりだろうが、家庭とは別のところで“火遊び”していた事実は軽くはないはずだが……。

  • 写真2019 TIFF/アフロ

Photo Gallary1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事