京アニ放火犯・青葉真司容疑者の治療費「血税2億円」の内訳

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
5月27日の朝、京都府内の病院で逮捕された青葉真司容疑者は、取り調べを受けるため京都・伏見警察署へと移送された

「『京都アニメーション』社内にガソリンをまいて放火した青葉真司容疑者(42)は、自らも全身に大やけどを負い、一時は意識不明の重体でした。

昨年11月頃、ようやく供述ができるまでに回復し、捜査は進展。2月末頃から、何度か逮捕情報が流れましたが、新型コロナの影響で延期となっていました。全身の9割以上をやけどした重病人の青葉が、万が一コロナに感染でもしたら、死に至る危険性もある。緊急事態宣言が解除されるまで待とうというのが京都府警の意向でした。

また、被害者の実名を出さないよう報道規制を敷いた府警に対し、新聞・テレビが実名報道を求め、府警と記者クラブは揉めていた。そのため、青葉の捜査状況は記者に知らされず、今回の逮捕について摑んだのも直前でした」(全国紙社会部記者)

これほどの厳重な対応は、すべて事件の真相を聞き出すためだ。しかし、一方で青葉容疑者を生かすために、多額の税金が投入されていたことも明らかになった。

やけど治療のエキスパートである、麹町皮ふ科・形成外科クリニックの苅部淳院長は話す。

「青葉容疑者に実施されたのは、自家培養皮膚移植と呼ばれる治療法です。これは、損傷していない皮膚の細胞を採取して1ヵ月ほど培養し、完成したものを欠損箇所に移植する方法で、ハガキ大の皮膚を一枚つくるのに30万円ほどかかります。

今回の青葉容疑者のやけどの状態から推測するに、使用した培養皮膚は150~250枚ほど。7500万円近くはかかっているはずです。ほかに、人工真皮の貼り付けに5000万円、ICUでの10ヵ月の入院費用が5000万円、その他の医療機材や処置代を入れると、合計2億円はくだらないでしょう」

一般人には到底払えない高額医療費。本来は自己負担だが、彼は違うようだ。

「生活保護受給者である青葉の治療費は全額保護費で賄われる。基本的に、4分の3は国からの支出、残りの4分の1は青葉が住んでいた埼玉県やさいたま市の支出となります」(前出・社会部記者)

国民の血税で一命を取りとめた青葉容疑者。今後、彼の口から何が明かされるのだろうか――。

『FRIDAY』2020年6月19日号より

  • 撮影小川内孝行写真時事通信(青葉容疑者)

Photo Gallary2

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事