後輩アナの嫉妬でハメられた元テレ東・鷲見玲奈アナの意味深投稿

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
女子アナとは思えないほどの色気を振りまく鷲見アナ

元テレビ東京のフリーアナウンサー・鷲見玲奈の“意味深投稿”が波紋を広げている。

鷲見アナは6月6日、自身のTwitterで、

《色々あった後輩が、私の行っていたジムに『鷲見さんには内緒にしてください』と言って通っているらしい。すごいメンタル……》
《鷲見さんがいなくなれば自分ができる番組が増えるって言ってたのも、プロデューサーにアピールしてたのも、知ってるんだからねっ》

とつぶやき、即削除。その後、冷静になったのか《ジム帰りでアドレナリン爆発してました 忘れてください》とツイートしたが、こちらもすぐに削除した。

鷲見アナと言えば、昨年12月に「週刊文春」で、テレ東の先輩・増田和也元アナとカラオケボックス内で「一線を超えた」などと報じられ、担当番組を降板。今年3月にテレ東を退社し、4月からフリーアナウンサーが多数在籍する「セントフォース」に入社した。

「文春の報道は、彼女のことを妬んだ後輩アナによるリークではないかと言われています。鷲見アナ自身も周囲に『誰が流したかわかっている』と常々語っており、いまだに根に持ち続けています。今回のツイートも衝動的につぶやいてしまったものでしょう」(テレビ局関係者)

鷲見アナはフリーになるタイミングで、“怨敵”文春の独占インタビューに応じ、

「(その日は)お酒を飲んでみんな寝ちゃったんです。それで各自解散して。普通に家に帰りましたし。なんでそんな噂が立ったのかが本当に不思議なんです」

などと話し、疑惑を完全否定した。

「あらゆる情報を総合すると、鷲見アナと増田アナはカラオケボックスで一線は超えていない。多少のイチャつきはあったでしょうけど。鷲見アナはテレ東の上司に『週刊誌で潔白を証明したい』と要求していましたが、上司はこれ以上騒ぎになることを嫌い、拒否し続けていた。結局、このままではラチが開かないと考えた彼女はテレ東を退社。週刊誌で反論をすることを許したセントフォースに移籍した」(鷲見アナを知る人物)

しかし、ネット上では、「実は動画もある」「もっとヤバイ話をつかまれたから文春のインタビューに応じた」などのウワサが一人歩き。鷲見アナは現在もこのことに悩み「洗いざらいブチ撒けたい」という願望を持ち続けているという。

今回の意味深投稿も衝動的につぶやいてしまった可能性が高い。前出・テレビ局関係者が補足する。

「唯一、嘘くさいのは『ジム帰りでアドレナリンが爆発していました』というくだり。お酒でも飲んでいたんじゃないかなぁ(笑)。もともと彼女はあけすけな性格で、いい意味で女子アナっぽくない。お酒を飲むと、さらにパワーアップして、クダを巻いたり、相手にからんだりするタイプ。下ネタもある程度はOK。推定Gカップの胸を見て、男性が『大きいね~』と冗談っぽく言っても『そうなんですよ~』と返したりする、と聞いています。人によってはセクハラでアウトな案件でも、彼女はほとんど気にも留めないとか」

裏を返せば、こうした天性のキャラクターが後輩アナの嫉妬心をアオり、文春報道に結び付いてしまったのかもしれない。

鷲見アナは6月7日放送のフジテレビ系『みんなのKEIBA』に初出演。テレ東時代は同局の『ウイニング競馬』でMCを務め「エロ過ぎる」と好評を博していただけに、感慨深いものがある。

「ウイニング競馬時代は競馬場やトレセンにも足を運び、精力的に取材していました。その時も既婚の某ベテラン騎手が口説きまくっていたとか。その時も彼女はニコニコしながら相手をいなしていたそうです」(競馬サークルのスタッフ)

たまに“やらかしてしまう”とこも魅力的な、鷲見アナから今後も目が離せない――。

Photo Gallary1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事