今夜最終回!ドラマ『M』撮影現場を発見撮!!

期待値低めの“色物”ドラマだったのに、今クールイチの話題作に

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

6月上旬の早朝、東京・渋谷駅前のスクランブル交差点。金髪美女が突然走り出すと、俳優の三浦翔平(32)に思いきり抱きついた。通行人はみな足を止め、美男美女カップルの情熱的な抱擁シーンに見惚れるばかりだった――。

 

東京・渋谷駅前のスクランブル交差点で抱きしめ合う三浦翔平と安斉かれん。臭すぎる演出はここでも健在だ

6月上旬の早朝、東京・渋谷駅前のスクランブル交差点。金髪美女が突然走り出すと、俳優の三浦翔平(32)に思いきり抱きついた。通行人はみな足を止め、美男美女カップルの情熱的な抱擁シーンに見惚れるばかりだった――。

女優・桐谷美玲(30)の夫である三浦の決定的な不倫現場と思いきや、実はこれ話題沸騰のドラマ『M 愛すべき人がいて』(テレビ朝日とABEMAの共同制作)のクライマックスシーンだ。本作は、発行部数16万部を超える大ヒットを記録した、歌手・浜崎あゆみ(41)の半生を基にした小説の映像化作品。

主役のアユとマサは、浜崎と彼女をトップスターに育て上げた大手レコード会社エイベックスの松浦勝人(まさと)会長(55)がモデルである。渋谷で三浦演じるマサと抱きしめ合っていたのは、新人ながらアユ役に大抜擢された安斉(あんざい)かれん(20)なのだ。

「昨年の夏頃からドラマ化が検討され、秋にエイベックス期待の新人歌手である安斉の起用がまず決定します。ですが、これ以降のキャスティングが難航しました。マサ役をやりたがる俳優がいなかったんです。

業界人気のないABEMA制作ドラマのうえ、相手役は演技未経験の新人女優。大コケして俳優のキャリアに傷がつくことを恐れ、敬遠するのも仕方ありません。

結局、ABEMAスタッフと親しい事務所に所属する三浦翔平がキャスティングされ、ABEMAドラマ常連の鈴木おさむが脚本を担当することになりました」(芸能プロ幹部)

期待値の低い〝色物〟ドラマとして始まった本作。しかし、大方の予想を覆(くつがえ)し、深夜帯では突出した視聴率5%超を次々と記録。放送されるたびにSNSが『M』の話題一色になるなど、今クールの最注目ドラマとなった。ドラマに詳しいライターの大山くまお氏が話す。

「脚本家の鈴木おさむが意図的に入れた〝過剰な演出〟と〝臭すぎるセリフ〟がツッコミ所をたくさん作り、視聴者をのめり込ませているのがヒットの要因でしょう。たとえば第1話のラストで、三浦が安斉を歌手にしようと口説く際に『俺の作った虹を渡れ!』と叫ぶんです。

すると、夜中なのに二人の背景にCGの虹がかかる。もうコントですよね。他にも、三浦の秘書役として出演する田中みな実のインパクトがすごい。片目に常に特徴的な眼帯をかけ、安斉を妨害するのですが、『許さな――い』と10秒近く発声して威嚇したりします。ここもコント風に書いたそうです。

令和最初の大ヒットドラマ『あなたの番です』(日本テレビ系)以降、視聴者がSNSでツッコんだり、考察できるような余白をつくることがトレンドになっています。いい意味で大げさすぎる本作は、まさに最先端をいっているのです」

ドラマ『M』のヒットを受け、浜崎あゆみブームも再燃している。’08年に発売された彼女のアルバムのデジタル版がオリコン週間ランキング1位を獲得した。平成に流行したものが若者たちに新鮮に受け取られる。それが令和の時代なのだ。

早朝のスクランブル交差点で撮った後、茨城県の海岸で撮影。ハードスケジュールで疲れがたまっているようだ
休憩中に写真を撮り合ってじゃれつく三浦と安斉。共演時間が長い二人は、かなり打ち解けている様子だった
本誌未掲載カット 安斉かれん ドラマ『M』ツッコミどころ満載なのに令和の時代になぜウケる?
本誌未掲載カット 三浦翔平 ドラマ『M』ツッコミどころ満載なのに令和の時代になぜウケる?
本誌未掲載カット 安斉かれん&三浦翔平 ドラマ『M』ツッコミどころ満載なのに令和の時代になぜウケる?
本誌未掲載カット 安斉かれん&三浦翔平 ドラマ『M』ツッコミどころ満載なのに令和の時代になぜウケる?
本誌未掲載カット 安斉かれん&三浦翔平 ドラマ『M』ツッコミどころ満載なのに令和の時代になぜウケる?
本誌未掲載カット 安斉かれん&三浦翔平 ドラマ『M』ツッコミどころ満載なのに令和の時代になぜウケる?

『FRIDAY』2020年7月3日号より

  • 撮影結束武郎

Photo Gallary10

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事