『M 愛すべき人がいて』安斉かれんはアユと同じ「のめり込み型」

『M 愛すべき人がいて』で話題の新星はゲームと愛犬を愛する「インドア派」!

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
安斉かれん (撮影:冨田恭透)

ファッションも文化も、音楽セールスも恋愛スキャンダルもすべてトップに君臨した女王・浜崎あゆみ。そんな彼女のサクセスストーリーを原作に、オリジナリティを加えて連続ドラマ化された『土曜ナイトドラマ 「M 愛すべき人がいて」』(毎週土/23:25〜/テレ朝系※ABEMAで独占配信中)。

この作品で、平成の歌姫を演じるのがドラマ初出演で初主演の安斉かれんだ。

「浜崎あゆみさんという大先輩を演じさせていただくということで、最初は“私でいいの?”っていうプレッシャーと不安しかありませんでした。撮影現場に入るのも生まれて初めてだったので、初日は自分でもびっくりするくらい緊張したんですけど、周りの俳優さんたちやスタッフさんに支えられて、なんとか演じることができました」

そんな初々しい彼女の魅力をさらに引き立てているのが、SNSで怪演と話題の水野美紀や田中みな実といった脇を固める俳優陣だ。

「特に水野さん演じる天馬さんとのシーンは強烈に覚えています。カメラが回った瞬間、なにかが乗り移ったみたいに水野さんが急に天馬さんになって、しかも“イノシシを殺れるくらいのパンチを!”と台本のどこにも書いてないアドリブを演じられて(笑)。台本の台詞しか頭に入っていなかったので、アドリブを返すので必死でしたし、最後には水野さんの演技に引き込まれて笑ってしまいNGを出してしまいました」

先に出た水野の「イノシシ〜」だけでなく、田中みな実演じる眼帯姿の礼香の「ゆるさなーーーい」など、とにかく出てくるキャラクターすべてが濃く、名言が次から次へと飛び出す本作。見ているこちらはつい昔の大映ドラマ「少女に何が起こったか」を思い出し、「紙のピアノじゃ指が沈まないっ!」と悲しむ小泉今日子を「薄汚ねぇシンデレラがっ!」と罵る石立鉄男のシーンが頭をよぎってならない。

「大映ドラマっぽいとよくインタビューでもいわれるんですけど、確かに三浦(翔平)さんは台本を見てかなりびっくりされたみたいです。でも、私はそもそも台本を見るのも初めてだったので“普段はいわないようなセリフだけど、ドラマだしこういうものなのかぁ”くらいに思っていて違和感はありませんでした。それに大映ドラマというものを見たことがないのでわからないっていうのも正直あって(笑)」

安斉かれん (撮影:冨田恭透)

ドラマの中では人生をかけてスターダムに登っていくアユをクールに演じているが、実際の安斉かれんはちょっとその印象とは違う。よく笑う等身大の20歳だ。

「役の印象が強いかもしれませんが、本当の私はゲームが好きで、ペキニーズとチワワのミックスの愛犬をかわいがるインドア派です(笑)。コロナの影響で撮影が中断していた時期もずっと家にこもって『あつまれ どうぶつの森』をしていました。今はもう挫折しちゃったんですけどね(笑)。あと、撮影が中止になっていたので、思い切ってネイルを切ってギターの練習をしました。でも、指がうまく届かなくて……」

ギターに挑戦しつつ、得意のピアノも練習していたという彼女。ドラマでの活躍が注目されているが、アーティストとしてデビューをして、先日はシングル「FAKE NEWS REVOLUTION」を8cmシングル限定リリースした。

「ドラマで演じたことで、改めて“浜崎あゆみ”さんというアーティストの偉大さを知りましたね。例えば歌詞を書く時、ドラマのアユはその時のリアルな思いを歌詞に込めて書くんです。私も自分で歌詞は書いていますが、“リアルな気持ち”って変に言葉を選んでしまって、実は歌詞にするのが難しいんです。リアルな気持ちを歌詞に乗せられたからこそ、ドラマの中でもみんなの心を掴んだんだと思います。そういうふうに作り手として気づかされたことは多かったですね」

安斉かれん (撮影:冨田恭透)

アーティストとして影響された以外に、ひとりの女性の人生をかけた大恋愛を演じて、自分の恋愛観に影響はあったのだろうか?

「さすがにこのドラマのような人生を変える恋愛ってなかなか経験することができないと思うので憧れはしますけど、私にはできないかなぁと思います。でも、ドラマチックじゃなくても好きな人をずっと追いかけるタイプです。そういえば私、“スライムっぽいよね”っていわれたんです。どんな環境にも、人にも合わせて慣れることができるタイプに見えるらしく。そういう意味では恋愛の時はそれにのめり込む恋愛体質かもしれないし、仕事が始まればその環境に合わせて形を変えて、仕事にのめり込む、そんな人間です(笑)」

人懐っこく笑顔を見せる安斉かれん。

ドラマの中でこれからアユが頂点に立っていくように、彼女がドラマと共に頂点へ駆け上がった時、今はダイヤの原石の彼女がどう光り輝くのか楽しみだ。

安斉かれん (撮影:冨田恭透)

安斉かれんへ5つのQ&A

Q1 人に自慢できることは?
A1 愛犬がかわいい
うーん。自慢できることって難しいですけど、愛犬がヤバいくらいかわいいことですかね(笑)。世界で一番かわいいと思ってます!

Q2 今、プレイリストに入っているお気に入りの音楽は?
A2 松田聖子さんの「SWEET MEMORIES」
松田聖子さんの曲を改めて聴くと、すごくいい曲ばかりで歌詞もキュンとします。いつも移動車の中で大声で歌ってます(笑)。

Q3 影響を受けた作品は?
A3 ローリング・ストーンズ
ローリング・ストーンズを見て音楽をやりたい! と思うようになったので私の原点です。

Q4 毎日していることはありますか?
A4 太陽の光を浴びる
毎朝起きたら、カーテンを開けて5分くらい太陽の光を浴びてから一日をスタートしてます。

Q5 好きなタイプを教えてください
A5 がんばっている人
どんなことでもいいのですが、なにかにひたむきにがんばっている人が好きです。
一緒にいて“私も頑張らなくちゃ!”と思えるようなパワーをくれる人が好きですね!

安斉かれん (撮影:冨田恭透)

安斉かれん(あんざい・かれん)
1999年、神奈川県生まれ。
ポストミレニアムギャルと呼ばれる次世代ギャルの一人。渋谷の人気ショップ 「RELECT by RUNWAY CHANNEL Lab.」で店員として働きながらも、そのビジュアルの高さが注目され、デビュー前から多くのファッション・メディアに登場し、コスメティックブランドM・A・Cの店頭コレクションビジュアルにも採用される。2019年5月、「世界の全て敵に感じて孤独さえ愛していた」を配信し歌手デビュー。

安斉かれん (撮影:冨田恭透)
安斉かれん (撮影:冨田恭透)
安斉かれん (撮影:冨田恭透)

企画・構成:SUPER MIX
撮影:冨田恭透
取材・文:知野美紀子

Photo Gallary8

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事