メディアに「黙殺された」候補者たちも…22人のアツイ都知事選

7月5日に迫った東京都知事選。無名候補の中にもキラリと光る政策がある。全候補を徹底紹介

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

小池百合子 (こいけ ゆりこ)(67) 現都知事

小池百合子 (こいけ ゆりこ)(67) 現都知事/前回掲げた「7つのゼロ」への言及は少なく、オンライン活動が中心だ

新型コロナウイルスの影響が懸念されるなか、告示前には「盛り上がらないのではないか」と心配された東京都知事選挙(7月5日投開票)。

しかし、フタを開ければ史上最多の22名が立候補。まさに、「都知事だョ! 全員集合」の様相を呈している。

言うまでもなく、選挙は民主主義の根幹だ。選挙に出る人がいなくなれば、有権者は選択の機会すら失う。それゆえ、すべての候補者は「民主主義社会の宝」とも言える存在だ。しかし、新規参入者に対する世間の風当たりは強い。

新聞・テレビなどのマスメディアは、あらかじめ「主要5候補」と「その他の17候補」の間に大きな溝を作る。全候補者の顔写真が出るのは、せいぜい告示日とその翌日。選挙戦が進めば進むほど「その他の候補者」は黙殺され、メディアに露出する機会は奪われていく。

あまり知られていないことだが、「その他の候補」が訴える政策の中には、キラリと光るものもある。先進的すぎて受け入れられなくても、後になって実際に採用された政策もある。優れた政策の種を社会が共有して磨き上げ、取り込んでいくことも選挙の役割の一つではないか。

情報が足りないと、有権者の意識は大きな影響を受ける。名前だけしか報じられない候補者たちは、世間から「売名目的」「ふざけている」「当選する気がない」「金持ちの道楽」などという、いわれなき批判の声を浴びせられる。

しかし、全候補者を取材している者として筆者は断言したい。すべての候補者は命がけで立候補している。他人の理解が得られるかどうかは別として、それぞれが強い思いを持っている。

メディアに報じられないだけで、熱心な選挙運動を展開している者もいる。立候補を届け出た後に、記者たちからの連絡を完全無視して沈黙を守り続ける候補者もいる。社会を構成する人たちが多様であるように、立候補者も千差万別だ。情報が届かないからといって、一様に「やる気がない」と決めつけないでほしい。

都知事選の立候補者は、300万円もの供託金を等しく納めている。なかには多額の借金をして供託金を準備した者もいる。しかも、供託金は「有効投票総数の1割以上」の得票がなければ全額没収される。それが最初からわかっていても、彼・彼女たちは立候補したのである。

すべての候補者は、経済的、心理的なハードルを飛び越えた勇者たちだ。せめて一度は全候補の主張を聞いてほしい。判断するのは、それからでも遅くない。

次の東京都知事は、この22名のなかからしか生まれない。私たち有権者に欠けているのは、「候補者を見守り、育てる」という視点ではないだろうか。

内藤久遠 (ないとう ひさお)(63) 元陸上自衛官

内藤久遠 (ないとう ひさお)(63) 元陸上自衛官/3度目の都知事選。自転車用道路の整備と自転車レース「ツールド関東甲信越」「東京一極集中の緩和」などを訴える

長澤育弘 (ながさわ やすひろ)(34) 薬剤師

長澤育弘 (ながさわ やすひろ)(34) 薬剤師/選挙公報では「薬局を変える!!」「東京から医療改革を!」と力強く訴えたが、筆者の直撃取材には何も答えず立ち去った

沢(さわ) しおん(44) 作家

沢(さわ) しおん(44) 作家/氷河期世代として、少子化対策や新しい家族観を提案。「20年後を見据えた『最強都市東京』の基盤を作りたい」と訴える

平塚正幸 (ひらつか まさゆき)(38) 国民主権党首

平塚正幸 (ひらつか まさゆき)(38) 国民主権党首/昨年の参院選はN国から出馬して落選。「コロナはただの風邪」「コロナ騒動を作ったのは、メディアと政府」と主張する

石井 均 (いしい ひとし)(55) 元東海銀行員

石井 均 (いしい ひとし)(55) 元東海銀行員/選挙は昨年の参院選(愛知県選挙区)に続いて2回目。ポスターも政見放送もなし。「街頭活動は無駄だからやらない」

後藤輝樹 (ごとう てるき)(37) 自営業

後藤輝樹 (ごとう てるき)(37) 自営業/前回都知事選では「一部無音」の政見放送が話題に。「今回も政見放送は3種類準備」と語る。実は多くの政策を提言

牛尾和恵 (うしお かづえ)(33) 元会社員

牛尾和恵 (うしお かづえ)(33) 元会社員/愛知県から参戦。「お金がなくても豊かに暮らせるよう、富の再分配をしたい。経済システムを変えたい」と筆者に話した

市川浩司 (いちかわ ひろし)(58) イベント企画業

市川浩司 (いちかわ ひろし)(58) イベント企画業/「動物虐待防止」が最重要政策。「人間だって虐待を受けている」と熱く語るディスコイベントのプロデューサーである

齊藤健一郎 (さいとう けんいちろう)(39) マネジメント業

齊藤健一郎 (さいとう けんいちろう)(39) マネジメント業/ホリエモンこと堀江貴文氏の秘書。「堀江は優しい。ホリエイズムを伝えたい」と語る。政策は、堀江氏の著書をなぞる

立花孝志 (たちばな たかし)(52) N国党首

立花孝志 (たちばな たかし)(52) N国党首/国政政党・N国の党首だが、「ホリエモン新党」を結党して3名を擁立。将来的には、N国との合流も視野に入れている

関口安弘 (せきぐち やすひろ)(68)建物管理業

関口安弘 (せきぐち やすひろ)(68)建物管理業/都知事選や参院選など、選挙経験が豊富なベテラン。水害対策、環境問題対策等を「熱血公約都政7ヶ条」にまとめている

小野泰輔 (おの たいすけ)(46) 元熊本県副知事

小野泰輔 (おの たいすけ)(46) 元熊本県副知事/日本維新の会の推薦を受け、柔らかい物腰で行政経験をアピールする。苦戦の世論調査にも「あとは伸びるだけ」と笑顔

七海(ななみ) ひろこ(35) 幸福実現党役員

七海(ななみ) ひろこ(35) 幸福実現党役員/都知事選は2度目の挑戦。前回は「支援者へのハグ」が話題となった。今回も街宣車を回して、精力的に都内各所で演説

服部 修 (はっとり おさむ)(46) ミュージシャン

服部 修 (はっとり おさむ)(46) ミュージシャン/告示当日まで名前が伏せられていたホリエモン新党「第3の男」。「みなさんの大切なものを守りたい」と熱く訴える

西本 誠 (にしもと まこと)(33) 歌手

西本 誠 (にしもと まこと)(33) 歌手/「選挙に行ったことのない若者に、ハロウィンのような楽しい選挙を見せたい」。元暴走族で、街宣車は黒いメルセデスだ

込山 洋 (こみやま ひろし)(46) 元介護施設職員

込山 洋 (こみやま ひろし)(46) 元介護施設職員/マック赤坂・港区議のスマイルに命を救われた後継者。喫煙所の清掃ボランティアを続けながら、22の改革案を提示する

押越清悦 (おしこし せいいち)(61) NPO代表

押越清悦 (おしこし せいいち)(61) NPO代表/「集団ストーカー被害に苦しむ人たちの存在を社会に訴えたい」と立候補。供託金は被害者たちのカンパで賄ったという

竹本秀之 (たけもと ひでゆき)(64) 元朝日新聞社員

竹本秀之 (たけもと ひでゆき)(64) 元朝日新聞社員/先物オプショントレーダーとしての収益から供託金を捻出した。最大の政策は「消費税廃止」。財源は法人税増税だという

桜井 誠 (さくらい まこと)(48) 日本第一党首

桜井 誠 (さくらい まこと)(48) 日本第一党首/「政策は3つ。都民税・固定資産税ゼロ、外国人生活保護の即時撤廃、パチンコ規制」と出馬を表明した

宇都宮健児 (うつのみや けんじ)(73) 元日弁連会長

宇都宮健児 (うつのみや けんじ)(73) 元日弁連会長/「生存権を守る選挙」と訴える。医療体制の充実、カジノ誘致の中止も

山本太郎 (やまもと たろう)(45) れいわ新選組代表

山本太郎 (やまもと たろう)(45) れいわ新選組代表/「五輪中止」「全都民に10万円」などが公約。総額15兆円の財源は都債

『FRIDAY』2020年7月10日号より

  • 撮影鬼怒川毅、畠山理仁

Photo Gallary22

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事