新議連の幹事長に就任した稲田朋美氏に聞いた「総理への野心」

下村博文氏が会長の議員連盟で幹事長に就任した稲田氏。「ポスト安倍」の布石か。本人を直撃

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
安倍政権の支持率が急落するなか、活発な行動をする稲田朋美氏。その真意について、懇親会後に直撃した

稲田朋美・自民党幹事長代行(61)の動向が永田町で注目を集めている。6月17日には、党本部で二階俊博幹事長と女性国会議員との懇親会を開催。前週には、下村博文選対委員長を会長とする「新たな国家ビジョンを考える議員連盟」の設立総会を行い、稲田氏は幹事長に就任した。

安倍政権の支持率が急落する中での活発な行動だが、その真意はどこにあるのか。懇親会後の稲田氏を直撃した。

――新議連発足は「ポスト安倍」への布石と見る向きもあるが。

「いやいや、そんなことありません。フライデー、かなわんわぁ」

――二階幹事長も話していましたが、女性議員の数が少ないのでは。

「そうですね。今日、いろんな意見が出て、女性の議員を増やしていかないと」

――まずはそのトップに稲田さんが?

「それじゃあ~」

政治ジャーナリストの角谷浩一氏が稲田氏の内心を推察する。

「同じ派閥に西村康稔・経済再生担当相がおり、新型コロナ対策で知名度が急激にアップしました。年下である西村氏に負けたくないという焦りもあり、下村氏を会長に立てて、派閥内の様子を見ていくという目論見ではないか。最終的には『女性初の宰相』に向けて進んでいきたいのでしょうが、党内で支持を集めるには、もっと汗をかかないといけません」

ちなみに稲田氏の装着するフェイスガードは地元・福井県のメーカーが作っている逸品で、1セット・900円である。

本誌未掲載カット 稲田朋美 「ポスト安倍」に名乗りを上げますか?真相を直撃
本誌未掲載カット 稲田朋美 「ポスト安倍」に名乗りを上げますか?真相を直撃
本誌未掲載カット 稲田朋美 「ポスト安倍」に名乗りを上げますか?真相を直撃

『FRIDAY』2020年7月10日号より

  • 撮影鬼怒川毅

Photo Gallary4

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事