偽装離婚否定も、木下優樹菜“復帰成功”の鍵を握る元夫・藤本敏史

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
今も同じマンションに住む木下優樹菜と藤本敏史。偽装離婚ではないと話すが……(‘09年)

《不快な気持ちにさせてしまった皆様、本当にすみませんでした》
《今はただ目の前の出来る事をコツコツと私らしく頑張っていきたいと思っています》
《また本日からよろしくお願い致します》

昨年11月18日から芸能活動を自粛していた木下優樹菜が、7月1日から復帰することを発表した。

姉が勤務していたタピオカドリンク店主に対する恫喝的発言が問題視され、ネット上などでは大炎上。さらにプライベートでも夫の「FUJIWARA」藤本敏史と離婚するなど、彼女を取り巻く環境は大きく変化した。

「木下さんの事務所がホームページで芸能活動を再開することを発表。彼女もその下に続いてコメントを掲載した。木下さんも謝罪はしたものの、あえて“復帰”や“再開”という言葉を使わずに《また本日からよろしくお願い致します》という表現をしていました。

世間の気持ちを逆撫ですることを少しでも避けたいという意思が透けて見えますね。インスタでも同じコメントが掲載されましたが、コメント欄は閉鎖されています」(芸能レポーター)

さらに“申し訳ございません”ではなく《すみませんでした》という言葉を使ったことから、SNSなどでは“なんか謝罪が軽いな”という批判も。そして《私らしく頑張っていきたい》という言い回しにも“その私らしさで失敗したんだろ”というツッコミも散見された。

とにかく世間は今回の復帰に厳しい意見が多いようだ。だが、ここまでの逆風の中、なぜ復帰を決めたのだろうか。

「地上波に出演することは当分スポンサーの理解が得られないので難しいでしょう。ただ、再開を宣言しないとチャンスが回ってこないことも事実。とりあえず門戸を開放しておいてオファーを待つということでしょう。木下さんはフォロワー525万人超のインスタの女王ですから、SNSを更新できるようになるだけでも仕事として大きいわけです。

木下さんの所属事務所はSNSを使い、企業案件をPRする子会社も運営しています。木下さんが商品をインスタで紹介するだけでもまとまったおカネが入ってくる。最近は、騒動を起こしたタレントをあえてCMに起用して話題になりたいという冒険心の強い企業の社長もいますからね。必ずしも“復帰しても失敗する”とは言い切れませんよ」(スポーツ紙記者)

木下と藤本には2人の女児がいるため、騒動後に引っ越した現在も同じマンションの別のフロアに住んでいる。また、彼女のインスタを見てもいまだに元夫の写真は残っているし、去年の結婚記念日のイラスト入りのカードまで堂々と残されている。

そんな藤本もテレビなどで“タピオカ”をネタにしてたくましく活動を続けている。一時は木下とサッカー選手の不倫疑惑(本人たちは否定)も取り沙汰されたが、これは何を意味するのか……。

「藤本さんは“タピオカ騒動が直接の離婚原因ではない”と言い、いまだに“子はかすがい”として交流もあることを明かしています。『偽装離婚』は否定していますが、やはり彼が仕事をしやすいように一旦離婚したと考えていいでしょう。

離婚を発表する前には、夫婦にくわえ両事務所の幹部も立ち会った上で話し合いの場が持たれたとも言われています。そこで今後についての何かしらの『作戦会議』が行われた可能性もあります。

実際、藤本さんが頻繁にタピオカを笑いにすることで木下さんが復帰しやすいように仕掛けて行ったようにも見える。一般的に不祥事が起きても芸人がネタにし始めると許される傾向にありますからね。藤本さんがその“救世主”の役割を果たそうとしているのでは」(前出・芸能レポーター)

ヤンチャな木下が姉の仇を討とうと軽い気持ちで言ったことが、人生を大きく左右するほどの問題になってしまった今回の“タピオカ騒動”。世間は半年以上の活動自粛で木下の禊が終わったと考えるのか。それとも、彼女の受難はまだまだ続くのだろうか――。

  • PHOTO桑田 真

Photo Gallary1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事