おぎやはぎ・矢作兼 ベビーを抱いて家族でメガネ屋へ

目撃!ハリコミ24<代官山 17時35分>

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
メガネ店を出て、車に戻った矢作。店に向かうときは、自らベビーを抱っこしながら入っていった

梅雨の中休みの6月下旬の夕方、代官山(渋谷区)のメインストリートで『おぎやはぎ』の矢作兼(48)と遭遇した。

車から降りた矢作は、昨年8月に生まれたベビーを抱いている。パッチリとしたつぶらな瞳は父親とウリ二つだ。この日、妻子と訪れたのは矢作のトレードマークであるメガネの店だった。

「矢作は12歳年下の一般女性との熱愛をフライデーされ、’16年にゴールインしました。自身がパーソナリティを務めるラジオ番組では、第一子男児を『朔太郎』と命名したと明かしていました。ああ見えて子煩悩で、妻から褒められたと自画自賛していますよ」(芸能プロ関係者)

コロナ禍でオフが増えた中、矢作のイクメンぶりにも磨きがかかっているようだ。

本誌未掲載カット 矢作兼 子煩悩の矢作はベビーを抱いて家族でお買い物
本誌未掲載カット 矢作兼 子煩悩の矢作はベビーを抱いて家族でお買い物

『FRIDAY』2020年7月17日号より

  • 撮影山田宏次郎

Photo Gallary3

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事