キレイすぎ…!元体操・岡部紗季子「逆立ち女子」が世界で倒立!

元トップアスリートが「体操のカッコよさを伝えたい!」と発信 。各地で抜群の倒立を披露 !

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
元トップアスリートが「体操のカッコよさを伝えたい!」と各地で抜群の倒立を披露

「選手を目指したのは中学生になる頃。それから大学を卒業して引退するまで体操漬けの毎日でした。でも体操って、普通は大人になってまですることとは思ってもらえない。大人が体操することはカッコいいんだ、と思ってもらいたくて」

こう語るのは、見事な開脚倒立を世界中の街角で披露している〝逆立ち女子〟こと岡部紗季子さん(32)だ。

4歳から始めた体操で頭角を現し、中学2年生で全国大会優勝。朝日生命体操クラブに所属して五輪を目指していた。

「実は私は人と競うのが苦手(笑)。1年上の世代に田中理恵さん、少し下に鶴見虹子(こうこ)さんがいましたが、五輪代表になる選手は気持ちの強さが違いました」

ニューヨーク[アメリカ]

ニューヨークのタイムズ・スクエアにて。「実は倒立は開脚したほうがバランスが取れて安定するんです」

引退後、それでも体操の楽しさを伝えるために何かできないかと考え、スポーツマネジメント事務所に所属することに。逆立ちを始めたのは偶然のことだった。

「2年半ぐらい前、友人と横浜中華街を歩いていて、遊び半分で逆立ちした写真をインスタにアップしたらすごく〝いいね!〟がついたんです。体操ってどこか現実離れしたイメージがあるじゃないですか。皆が知っている場所で皆が知っている逆立ちをしたらすごさが伝わるかなと。開脚は、私の自己満足ですけれど」

以来、旅が趣味という岡部さんは世界各国で逆立ちをしてきた。

「海外で逆立ちをすると〝ニンジャ!〟って喜ばれます。どこでも怒られたことはないですね。今後も競技場とは違う場所で体操の魅力を広めていきたいです」

スポーツミュージカルなどさまざまな分野で活躍中。コロナ自粛中には「逆立ち募金」も行った

サハラ砂漠[モロッコ]

サハラ砂漠(モロッコ)にて。世界各国で行った逆立ちの中でも印象深い一枚。「砂漠の砂は手がめり込んでしまうので大変でした」

テポストラン[メキシコ]

メキシコシティから1時間ほどのテポストラン。先住民のピラミッドを擁する「プエブロ・マヒコ(魔法のように美しい地)」で

小田原城

小田原城にて。日本各地の「お城逆立ち」も岡部さんのライフワークのひとつ。大阪城では友人と「ダブル逆立ち」を披露した

バンコク[タイ]

バンコク中心部、エメラルド寺院で倒立。世界中から訪れている観光客が珍しがり岡部さんを撮影する一幕も

フライデー編集部

編集長のデスク前で。不安定な作業デスク上での倒立では「おぉ~」の歓声と拍手が
本誌未掲載カット 岡部紗季子・元トップアスリートが「体操のカッコよさを伝えたい!」と各地で抜群の倒立を披露
本誌未掲載カット 岡部紗季子・元トップアスリートが「体操のカッコよさを伝えたい!」と各地で抜群の倒立を披露
本誌未掲載カット 岡部紗季子・元トップアスリートが「体操のカッコよさを伝えたい!」と各地で抜群の倒立を披露
本誌未掲載カット 岡部紗季子・元トップアスリートが「体操のカッコよさを伝えたい!」と各地で抜群の倒立を披露
本誌未掲載カット 岡部紗季子・元トップアスリートが「体操のカッコよさを伝えたい!」と各地で抜群の倒立を披露

『FRIDAY』2020年7月24日号より

  • 撮影鬼怒川 毅(編集部内)

Photo Gallary13

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事