コロナ離婚した「セレブ」たち…自主隔離中に関係悪化!?

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

クリスティーナ・リッチ、アーミー・ハマー、ミーガン・フォックス……家庭内暴力による警察沙汰も

海外セレブの花形ゴシップといえばロマンス=恋愛事情だが、新型コロナウイルス感染症の影響で、恋愛にまつわる報道は停滞気味。とはいえ、ロックダウンが解除された6月中旬ごろから、少しずつ彼らの動向が伝わり始めている。

新たなロマンスが生まれる一方、自主隔離生活で毎日毎日顔を突き合わせるうちに相手に対する不満が募り、離婚に踏み切ってしまったセレブカップルも……。当然、コロナ以前からその兆候はあったのだろうが、多忙によるすれ違いが必要な夫婦も、世の中には多いようである。

★夫婦喧嘩でツバを吐かれ……7年の夫婦生活に終止符 クリスティーナ・リッチ&ジェームズ・ヒアーデゲン

映画『アダムス・ファミリー』シリーズのウェンズデー役として子役時代から活躍し続けてきたクリスティーナ・リッチ。写真は第92回アカデミー賞(2020)アフターパーティーで撮影されたもの 写真:AFP/アフロ

2011年のドラマ『PANAM/パンナム』で、主演女優と撮影スタッフという立場で出会ったクリスティーナ・リッチジェームズ・ヒアーデゲンさん。2年後に結婚、さらにその翌年には息子のフレディくんが誕生していた。結婚後、ふたりは公の場に揃って出席することも多く、とくに問題はなさそうだった。

異変が起きたのは、6月25日(現地時間)のこと。クリスティーナが夫による家庭内暴力を通報し、ロサンゼルス警察が自宅に駆けつけていたというのだ。

ジェームズさんは逮捕されなかったものの、その後クリスティーナは緊急保護命令を獲得。ジェームズさんはクリスティーナに接近できなくなった。通報騒ぎ当日、クリスティーナはジェームズさんからツバを吐かれたとも報じられている。

7月2日(同)、クリスティーナは「和解しがたい不和」を理由に、離婚を申請。5歳のフレディくんの単独親権を求めている。

夫婦が公の場に揃って登場したのは、昨年4月に行われたデザイナーのマーク・ジェイコブスの結婚式だった。写真:Backgrid/アフロ

★円満離婚を強調しつつ10年の結婚生活に幕 アーミー・ハマー&エリザベス・チェンバース

映画『バッドボーイズ フォー・ライフ』(2020年)LAプレミアでのアーミー・ハマー(右)とエリザベス・チェンバース 写真:REX/アフロ

映画『君の名前で僕を呼んで』『コードネーム U.N.C.L.E.』の俳優アーミー・ハマーと、テレビタレントで実業家のエリザベス・チェンバースが、破局を発表した。

ふたりは7月10日(現地時間)に、

「親友かつソウルメイトで、パートナーであり親でもあった13年間。素晴らしい旅だったけれど、わたしたちは結婚というページを一緒にめくり、前進することにした。次の章でも、わたしたちは子供たちの親であり、大親友であることを最優先にするつもり。このニュースが公の場を騒がせることになるけれど、どうか子供たちと家族のため、プライバシーと思いやり、そして愛をもって対応してほしい」

という同じ文章と同じ写真を、それぞれのInstagramに投稿。その後、エリザベスが離婚を申請したことがわかっている。

ロックダウンが始まったとき、夫妻は子供を連れてケイマン諸島でバカンスを楽しんでおり、離婚を発表する直前まで自宅に帰れずバカンス先で自主隔離生活を送っていた。

夫妻は2010年に結婚。今年5月には結婚10周年を祝い、エリザベスが結婚式の写真をInstagramに投稿して、夫へ感謝のメッセージを綴ったばかり。また、6月の父の日にも、エリザベスが「わたしたちは、あなたがわたしたちのものであることを幸運に思ってる! 愛してる!」とのコメントとともに、絵に描いたような幸せすぎる家族写真を投稿していた。

夫妻がなぜ離婚してしまったのか、謎は深まるばかりだ。

 

▲エリザベス・チェンバースのInstagram。5月24日には結婚生活10周年を祝っていたにもかかわらず、そのわずか1カ月後に破局を発表するという急展開に、衝撃が走った。

これで何度めの破局? ミーガン・フォックス&ブライアン・オースティン・グリーン

昨年12月、オンラインゲームのイベントに夫婦揃って出席したミーガン・フォックス(左)とブライアン・オースティン・グリーン。写真:REX/アフロ

2004年に交際をスタートしてから、何度も破局と復縁を繰り返している『トランスフォーマー』のミーガン・フォックスと『ビバリーヒルズ高校白書』のブライアン・オースティン・グリーン夫妻が、またもや破局期間に突入した。

5月15日にミーガンがラッパーで俳優のマシン・ガン・ケリー(以下MGK)とのドライブデートをパパラッチされたことで、破局の危機が明るみに。

その直後、今年初めから別居していることをブライアンが激白。別居の理由は「昔のようにひとりで仕事をしてみたい」というミーガンの希望を尊重したためで、ミーガンとMGKはあくまでも友人関係で浮気ではないとのこと。

復縁を望むブライアンは必死でミーガンを擁護し、別の女性とデートして揺さぶりをかけている(つもり)が、ミーガンの心はすっかり離れてしまっているようだ。

『アメリカン・アイドル』初代優勝者 ケリー・クラークソン&ブランドン・ブラックストック

6月4日(現地時間)に離婚を申請したのが、オーディション番組『アメリカン・アイドル』出身のシンガー、ケリー・クラークソン。アーティストマネージャーのブランドン・ブラックストックさんと2013年に結婚し、二児を授かっていた。

ケリーが司会を務め、4月下旬に行われるはずだった『ビルボード・ミュージック・アワード』は、コロナのため延期に。自身のテレビ番組の撮影も休止を余儀なくされ、隔離生活では育児と家事ばかりの毎日だったというケリー。ロックダウン中、夫婦の関係が変化したことは確かだ。

今年1月、放送映画批評家協会賞に揃って出席したケリー・クラークソン(右)と、ブランドン・ブラックストックさん。写真:REX/アフロ

この様子だと、まだまだ知られざる破局もたくさんありそう。また、現在アメリカでは再び感染が拡大しつつあるため、知らないうちにパートナーが変わっていた……なんてケースが今後続出しそうだ。

  • 原西香(はら あきか)

    海外セレブ情報誌を10年ほど編集・執筆。休刊後、フリーランスライターとして、セレブまわりなどを執筆中

Photo Gallary5

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事