美人女将の不貞も影響…?田子ノ浦親方が泥酔の裏事情

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
今年3月、コンビニへ買い出しに出かけた田子ノ浦親方。昨年からトラブル続きだ

「芋ロックを全て一気で50杯」

そんな書き込みとともに、泥酔画像をネットにアップされた田子ノ浦親方(44、元前頭・隆の鶴)。日本相撲協会は、7月場所前に作成した「新型コロナウイルス感染症対策ガイドライン」で「不要不急の外出自粛」を明記している。力士を指導する師匠の不祥事を重く受け止め、相撲協会は田子ノ浦親方へ厳重注意をした。

「阿炎が接待をともなう『夜の店』で、酒を飲んだことが発覚したばかり。言い訳はできませんよ。しかも外で酒を飲んだ時期に関し、親方は『場所中かどうかわからない』と曖昧な説明をしています。協会が感染予防にピリピリしている場所中に外出し泥酔したから、明確な回答ができないんじゃないかと疑われているんです」(相撲協会関係者)

親方としては、あまりに軽はずみな失態だ。トラブルを招いた理由は何か。部屋の事情を知る人物は、「親方は大きな悩みを2つ抱えていてストレスから酒に走ったのでは」と推測する。

「1つ目は親方としての悩みです。そもそも田子ノ浦親方は、先代(元横綱・隆の里)が11年11月に急死したため部屋の師匠になりました。ただ現役時代の実績は、先代と比べものにならない。前頭として幕内にいたのは、たった5場所ですから。今では部屋付きの荒磯親方(元横綱・稀勢の里)のほうが、格段に存在感があります。NHKのスポーツ番組などへ積極的に出演し、影では『実質、稀勢の里部屋だ』という力士もいるんです。

そうした事情をよく理解しているため、田子ノ浦親方は部屋で消極的ですよ。弟子への指導も自信なさげ。真面目で、考え込んでします性格なんです」

美人女将が弟子に寝取られた!

前列左が弟子と不倫した美人女将のA子さん。その美貌からメディアでも引っ張りだこだった。17年1月の稀勢の里横綱昇進時の写真

2つ目の悩みは、プライベートで見舞われたトラブル。『FRIDAY』が今年3月に報じた「美人女将が弟子に寝取られ事件」だ。前出の人物が続ける。

「昨年9月に稀勢の里の断髪式が行われた時、女将A子さんの姿が見えずちょっとした騒ぎになったんです。A子さんは角界きっての美人女将として知られ、メディアに取り上げられることも多く目立つ存在でしたから。後援会の人が部屋関係者から話を聞き、徐々に事情が明らかになった。女将は部屋の若手力士と不倫し、部屋を追い出されたらしいんです」

実際、田子ノ浦部屋のHPに女将の姿はない。また不倫相手とされる弟子のXも、昨年9月に突如としてナゾの引退をしている。

「Xは17年に入門。将来を嘱望されていただけに、引退は不自然でした。部屋の関係者によると、Xは入門してすぐ女将と親密になったそうです。親方が巡業で部屋を空けている時に、二人が不貞行為をしているのを見かけた別の弟子が兄弟子に報告。最終的に親方にまで伝わったといわれています」(前出の人物)

『FRIDAY』の直撃に対し、親方も女将との離婚を認めている。

「もともと親方は酒好きです。ただ女将の不倫が発覚してから、酒量は劇的に増えました。親方としての不甲斐ない思い、妻に裏切られた悔しさ……。そんなマイナスな感情が重なり、酒でウサ晴らしをするようになったのではないでしょうか」(相撲協会関係者)

確かに親方の行動は、弟子を指導する立場として褒められたものではない。しかし……。親方の心境を考えると、慮る余地はありそうだ。

妻に逃げられたツラさを紛らわすためか時には美女と寿司屋に行くことも。今年4月撮影
  • 撮影等々力純生 田中俊勝 AFP/アフロ

Photo Gallary3

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事