女性客の下着に手を…有名セラピスト「わいせつ施術」で逮捕の衝撃

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
送検される山口容疑者。イケメンのセラピストとして客の評判も上々だった(手首付近など画像加工しています)

「イヤッ! やめてください!」

女性が激しく抵抗しても、男はわいせつ行為を止めようとしない。背後から抱きつき、彼女の首にキス。下着の中に手を入れ、下半身をまさぐり始めたーー。

7月28日、準強制わいせつの疑いでマッサージ店「みんなのほぐし」(東京都渋谷区)の店長・山口幸二容疑者(44)が逮捕された。事件が起きたのは、昨年8月23日。客として来店した30代の女性A子さんに、山口容疑者が性的暴行を行ったとされる。

「当日は、店に山口容疑者とA子さんの2人しかいませんでした。山口容疑者は自称セラピストでもあります。『太ももの張りや腰痛が治る施術です』と称し、A子さんの下半身を執拗に触り始めた。嫌悪感を覚えたA子さんが抵抗しても、山口容疑者はわいせつ行為をやめなかったようです。思い悩んだA子さんは、事件から約1週間後に警察に相談。彼女の証言などから、逮捕にいたりました。

調べに対し、山口容疑者は『まったく身に覚えがない』と容疑を否認しています。しかし被害を訴えている女性は、A子さんの他にも複数いる。警察は余罪を調べています」(全国紙社会部記者)

「イケメンで客の評判も上々」

山口容疑者が店長を務めていたマッサージ店。リピーターも多かったという

店は小田急線・参宮橋駅や東京メトロ千代田線・代々木公園駅の近くにある。山口容疑者は、付近では有名なセラピストだったようだ。

「客の大半が30代から40代の女性です。店は5年以上前からあるんじゃないかな。『肩こりや腰痛が治った』と評判は上々でしたよ。ビルの2階にある狭いスペースでしたが、値段も60分で3000円ほどとお手頃。120分でも6000円しません。先生(山口容疑者のこと)がイケメンだから、リピーターも多かったようです」(近隣に住む客)

客からの評価も高い有名セラピストは、なぜ卑劣なわいせつ行為を行なってしまったのだろうか。元兵庫県警刑事の飛松五男氏が語る。

「有名で腕に自信のある女性相手の職人は、自分を律しないと誤った方向に走りがちです。知り合いの女性がわいせつ被害にあったイケメン美容師も、調べてみると余罪がどんどん出てきましたから。泣き寝入りしていた女性が、かなりの数いたんです。

彼らに共通するのは、罪悪感のなさ。最初は『マズイ』と思っても、罪の意識が薄れていくんです。山口容疑者には、『悪いことをしている』という思いすらなかったのではないでしょうか。行動がエスカレートし、はたから見れば明らかなわいせつ行為でも、施術の一環だと思い込んでいたのかもしれません」

欲望を満たすための卑劣な犯行で、有名せレピストの評判は一気に地に落ちてしまった。

  • 撮影蓮尾真司

Photo Gallary2

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事