東京五輪を目指す「美しき鉄人」ヘンプヒル恵 の圧倒的な肉体

陸上女子七種競技のヒロイン

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
ケガから順調に回復。瞬発力の高さがヘンプヒル恵(めぐ)の持ち味で、ハードルや走り幅跳びで他の選手を引き離した。168㎝

100mハードル、走り高跳び、砲丸投げ、200m走、走り幅跳び、やり投げ、800m走を2日間で行う「女子七種競技」。その過酷さから、勝者は「クイーン・オブ・アスリート」と称される。

7月26日に閉幕した陸上・東京選手権でその栄冠に輝いたのは、アメリカ人の父と日本人の母を持つヘンプヒル恵(めぐ)(24)だ。美女アスリートとしてメディアにたびたび取り上げられてきた彼女は、日本歴代2位の記録を保持する実力者。だが、’17年に左膝の靱帯を断裂、昨年は足首を故障し、2ヵ月間も競技を離れていた。

大会を取材したスポーツジャーナリスト・折山淑美氏はこう語る。

「予定通り東京五輪が開催されていたら、ヘンプヒル選手は怪我を抱えた状態で焦っていたでしょう。延期されたことで、じっくり身体を鍛え直すトレーニングができたと思います。

もともと彼女には圧倒的な身体能力の高さがある。七種競技はどの種目も満遍なく練習することが必要で、地道な技術の積み上げが勝敗を分けるんです。そのため、20代半ばから充実期に入ります。9月の日本選手権で日本記録を更新できれば、五輪の参加標準記録も見えてくるでしょう」

表彰式ではとびきりの笑顔を見せた「美しき鉄人」がさらなる高みを目指す。

『FRIDAY』2020年8月14日号より

Photo Gallary1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事