上沼恵美子 自分へ“プレゼント無し”有名レポーターを共演NGか

芸能リポーター・石川敏男の芸能界”あの出来事のウラ側は……”⑬

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
番組出演者の「NGリスト」も存在したとも噂されている上沼恵美子

<芸能リポーター・石川敏男の芸能界”あの出来事のウラ側は……”⑬>

関西の“女帝”と呼ばれて久しい上沼恵美子さんが司会を務めてきた『快傑えみちゃんねる』(関西テレビ)が終了した。25年、1000回を超える番組で、最終回も15.1%という高視聴率だった。

「長きにわたって続けてこられたのは、視聴者の皆さんのお陰です」

と、コメントしたが、番組改編期ではない時の出来事だっただけに、余計な憶測も飛んだ。

コロナで観客を入れず、ゲストも減って、上沼さんのトークが活きない。一方で、上沼さんのお気に入りだったキングコング・梶原雄太さんに対するパワハラとか、局の上層部とトラブルとも言われた。

真相は分からないが、トラブルがあって、上沼さんが「辞める」と言ったことだけは事実だろう。実は、オレも上沼さんとは浅からぬ縁があった。

もう、20年ぐらい前の出来事だ。関西ローカルで『週刊えみぃSHOW』(読売テレビ)という番組があった。オレも、その特番に呼ばれたことがあった。

この特番には故・梨元勝さんら多くの芸能リポーターが出演していた。その日はクリスマス。番組終了後、上沼さんを囲んでスタジオ前のロビーでささやかな打ち上げが行われた。

局側はケーキを用意し、上沼さんに日ごろの感謝を表す。出演していたリポーターたちは、順番にブランド品をプレゼントする。

全員がプレゼントを渡す姿をオレは見ているだけ。オレはその“習慣”を知らなかった。

「上沼さん、すいませんでした。知っていればプレゼントさせていただいたのに」

と、オレは、嫌みでもなんでもなく上沼さんに詫びた。

誰も教えてくれなかったのだから仕方がない。それを梨元さんが、話を大きくしてしまう。

「石川ちゃん、おかしいでしょう。こんなシステム。一緒に仕事はしているけど、お互い様だよ」
「リポーターが、毎回毎回、上沼さんの記念日にプレゼント。オレたち共演者だよ」

と言い出した。たしかに梨元さんの話には一理あるが、オレはそこまでいうつもりは毛頭なかったし、そんなことまで考えてなかった。ただ、慣習を知らなかったので詫びただけ。まして、上沼さんの番組に出演させてもらったのは初めてだったから嬉しかった。でも、上沼さんや周辺はこの言葉をどう受け取ったのか。

番組終了後、オレの友人でもある同番組のプロデューサーは「面白かったですよ。また出てくださいね」と言ってきた。喜んでと思っていたが、その後、上沼さんの番組に呼ばれることはなかった。

その後、同番組のセミレギュラーだった梨元さんの出演も無くなったそうだ。彼女はテレビ局に影響力のある人だということは知っていたが、あの、梨元さんの一言がなければ、オレも、上沼さんにプレゼントを贈り続けながら、ずっと番組に出られたのかな(笑)。

後日、友人のプロデューサーからは、

「いろいろ事情があってご出演いただけなくなった。理由は聞かないでよ」

と言われたが、オレの僻みじゃなきゃ、原因はあのプレゼント騒動だったんだろうな。梨元さんの“一言”で、その場の雰囲気が大きく変わったもの。

その番組は‘09年3月に終了している。で、最近、上沼さんを長年支えてきた女性マネージャーが今年5月末に上沼さんの会社を退社。上沼さんの周囲が、大きく変わってきているようだ。

その後、上沼さんとは一度も会うことがなかったから、誤解を解くこともできていない。“西の女帝”として、彼女はいつまでテレビ界に君臨し続けるのだろうか……。

  • 石川敏男(芸能レポーター)

    ‘46年生まれ、東京都出身。松竹宣伝部→女性誌記者→芸能レポーターという異色の経歴の持ち主。『ザ・ワイド』『情報ライブ ミヤネ屋』(ともに日本テレビ系)などで活躍後、現在は『めんたいワイド』(福岡放送)、『す・またん』(読売テレビ)、ラジオは福井放送、ラジオ関西、レインボータウンFMにレギュラー出演中

  • 写真時事

Photo Gallary1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事