河西智美&宮澤佐江がコロッケに弟子入り!?「まずは〇〇から」

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
フォトセッションでポーズをとる三人。コロッケは変顔で会場を沸かせた

8月5日、都内にて新しい配信LIVE「MIRROR-E-STAGE(ミライステージ)」の発表記者会見が開催。会場には、ものまねタレントのコロッケ(60)と、元AKB48の河西智美(28)と宮澤佐江(29)が登壇した。

会見は、河西と宮澤の歌唱でスタート。二人は思い出深いAKB48の『ごめんねジュエル』を熱唱した。その後、コロッケも登場。フォトセッション中も得意の変顔を披露するなどして会場を盛り上げた。

河西と宮澤にもモノマネをやってほしいと語ったコロッケ。まずは、「ティラノサウルスかニワトリから始めてほしい」と熱弁をふるった。

それを受けて二人は、「じゃあ、お手本を見せてくださいよ」とコロッケにオーダー。コロッケは「もちろんだよ」と不敵な笑みを浮かべ、早速ニワトリのモノマネをレクチャーした。

「ミライステージ」は、コロッケがプロデュースする六本木ものまねライブエンターティメントシアター『CROKET MIMIC TOKYO』のメンバーと、ホリプロ所属のAKB48グループのメンバーやOGなどを中心に歌やトークを展開。新たなライブ配信プラットファーム「Thumva(サムバ)」より配信される。今後、月に数回の開催を予定している。

登壇者たちは「新型コロナで苦境のエンタメ界を明るくしたい」と意気込んだ。

河西と宮澤がコロッケ直伝のモノマネをライブ配信する日も近い!?

 

  • 撮影小松寛之

Photo Gallary2

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事