10日開幕!甲子園交流試合で登場するスカウト注目ドラフト候補

例年とは違う「夏に行われる甲子園」から注目選手19名を厳選!

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
昨秋の明治神宮大会準々決勝、明徳義塾戦で10奪三振の力投を見せる高橋宏斗投手(中京大中京)

今月10日に開幕する2020年甲子園高校野球交流試合。各校1試合だけとなるが、例年の甲子園大会でもスカウト陣が視察するのは全出場校が登場する一回りというケースが多く、プロ入りを狙う選手にとっては大きなアピールの場であることは間違いない。プロ側から考えても貴重な視察の場となる今大会で、スカウト陣の熱い視線を集めることが予想される有力なドラフト候補を紹介したいと思う。

まず投手上位指名の可能性がありそうなのが高橋宏斗(中京大中京)、中森俊介(明石商)、小林樹斗(智弁和歌山)の三人だ。

実績では1年夏から3季連続で甲子園に出場し、通算5勝をマークしている中森が一歩リードしていると見られていたが、この春から夏にかけて一番の成長を見せているのは高橋になるだろう。優勝投手となった昨年秋の明治神宮大会と比べてもスピード、コントロール、変化球、全てにおいてワンランクレベルアップした印象を受ける。コンスタントに150キロを超えるストレートをコーナーに投げ切り、スライダーとフォークもしっかり低めに集まっている

総合力では昨年夏の甲子園で快投を見せた奥川恭伸(星稜→ヤクルト)と変わらないレベルと言えるだろう。本人は大学進学を希望していると言われるが、愛知の独自大会にも多くのスカウト陣は足を運んでおり、プロ志望に転ずれば一気にドラフトの主役となる可能性が高い。

中森小林の二人ももちろん昨年から成長を見せている。中森は練習試合が解禁となった直後は調子が上がらなかったが、兵庫の独自大会に向けてしっかり調整してきた点はさすがだ。一回り体つきも大きくなり、大崩れしない安定感は高校生離れしたものがある。昨年の秋は不調だった小林もフォームの流れがスムーズになり、スピードも150キロを超えるまでになってきた。

現時点の完成度では高橋、中森と比べると少し劣るものの、伸びやかで欠点の少ないフォームだけに、将来性を重視する球団は上位指名する可能性は十分だ。

この三人以外では片山楽生(白樺学園)、下慎之介(健大高崎)、蓼原慎仁(桐生第一)、内星龍(履正社)などがプロ志望と言われており、注目を集めることになりそうだ。

一方の野手では小深田大地(履正社)、来田涼斗(明石商)、井上朋也(花咲徳栄)、細川凌平(智弁和歌山)の四人の注目度が高い。

中でも総合力で一歩リードしていると感じるのが小深田だ。昨年夏の甲子園でも3番、サードとして全試合に出場し、チームの優勝に大きく貢献しているが、当時と比べても凄みが一段と出てきたように見える。身長は177㎝と飛び抜けて大きいわけではないが、体つきは高校生とは思えないほど充実しており、その体格が十二分にバッティングに生かされているのが最大の持ち味だ。

芯でとらえた時の打球はあっという間に外野の達し、対応力の高さも申し分ない。またサードの守備力も高校生ではトップクラスだ。プロでも最近不足している強打の三塁手として注目は高い。

甲子園での実績という意味では来田がナンバーワンになるだろう。1年春から不動のレギュラーとして活躍しており、昨年春の選抜では史上初となる1試合で先頭打者ホームランとサヨナラホームランを放つという大活躍を見せている。高い運動能力で三拍子揃っているタイプでありながらも、長打力も備えているというのが大きな魅力だ。この夏も打った瞬間ホームランと分かる一発を放っており、将来は糸井嘉男(阪神)のような強打の外野手として期待できるだろう。

右の強打者タイプでは井上が代表格だ。入学直後からレギュラーとなり、昨年夏の甲子園でも4番として出場。下級生の頃は少しスイングに硬さが目立ったが、年々下半身でタイミングをとれるようになり、確実性もアップしている。昨年秋まではライトで強肩を見せていたが、この夏はサードで出場予定内野の守備がどこまでできるかを注目しているスカウトも多いだろう。

細川今年の高校球界を代表するヒットメーカー。174㎝とプロでは小柄な部類に入るが、バットの芯でとらえる技術の高さは高校生離れしたものがあり、昨年秋の近畿大会でも6割近い打率を残した。高校からのプロ入りを目指して1月からはセンターからショートにコンバートとなったが、和歌山の独自大会では軽快な動きを見せている。脚力と肩の強さも申し分ないだけに、将来球界を代表するリードオフマンになれる可能性を秘めた選手と言えるだろう。

その他にも捕手では内山壮真(星稜)関本勇輔(履正社)内野手では入江大樹(仙台育英)、山村崇嘉(東海大相模)、中山礼都(中京大中京)、西野力矢(大阪桐蔭)外野手では西川僚祐(東海大相模)、仲三河優太(大阪桐蔭)などが高校からのプロ入りを目指していると言われる。待ちに待った大舞台で、その実力をいかんなく発揮してくれることを期待したい。

  • 西尾典文(にしお・のりふみ)

    スポーツライター。愛知県出身。’79年生まれ。筑波大学大学院で野球の動作解析について研究。主に高校野球、大学野球、社会人野球を中心に年間300試合以上を現場で取材し、執筆活動を行う。ドラフト情報を研究する団体「プロアマ野球研究(PABBlab)」主任研究員。

  • 写真時事通信社

Photo Gallary1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事