女子高生お持ち帰り報道の山下智久 ジャニーズが処分に悩むワケ

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
ネット上などでは、厳しい意見が寄せられた山下智久。ジャニーズはどう対応するのか……(‘19年)

8月7日に「文春オンライン」が報じたジャニーズ事務所所属のタレント・山下智久の女子高生“飲酒&お持ち帰り”報道。記事によれば、山下のほか「KAT-TUN」亀梨和也を含む男性たちと、2人の女子高生を交えた女性3人たちと飲酒を伴う食事会をしたという。

しかも山下は早朝5時に都内の高級ホテルに宿泊。そこには飲食を共にした17歳の女子高生が8時間も一緒だったと報じられた。

文春オンラインの取材に対しジャニーズ事務所は、山下らは未成年であることはもちろん、飲酒の有無も関知していないとしたうえで、

《当該店長に確認したところ、一部の女性客から当該店長あてに『年齢をごまかしてごめんなさい』といったお詫びのメッセージが後日送信されてきたとのことであり、このような点を含め、改めて慎重に取材いただくよう願います》

と、あたかも女性側に“騙された”と言わんばかりの回答。そんな状況にワイドショーをはじめとするテレビ局やスポーツ紙などの“大マスコミ”は、ダンマリ状態だ。

「報道前日の段階で、すでにジャニーズ事務所からは“山下は悪くない”という通達が各マスコミに出されていました。ですので、スポーツ紙もスルーしましたし、となるとテレビとしてはどうしても扱いにくい。うまくマスコミ対策していましたね」(ワイドショー関係者)

だが、テレビなどが扱わなければ、より炎上するのが現代のネット事情。記事や掲示板などでは、“ハニートラップ説”を唱える意見もあるものの、多くは山下に批判的だ。

「ジャニーズ事務所は世論の動向を注視しており、ネット上などで批判的な声が多いことは彼らも承知している。そんな中、事務所幹部の中には、厳しい処分を求める声も出たとか。ただ、6月に退所した元NEWSの手越祐也は、コロナ禍で飲み会をしたことで活動休止処分になりましたが、それを不服とし、ある意味“逆ギレ”独立した。それと同じことが起こることをジャニーズサイドは懸念しているのです」(スポーツ紙記者)

山下といえば、これまで“独立候補”として、何度も名前が出ている。厳しい処分がそのきっかけになることは、十分に考えられる。

「ジャニーズ事務所にとって、今や山下の存在の大きさは無視できないほどになっています。しかも、今年いっぱいで嵐は活動休止。来年3月いっぱいでTOKIOの長瀬智也も退所するなど、活動がままならないグループが多く出てくる中で、長くソロで活躍している山下を目標にするジュニアなども多く出てきた。

事務所としても、歌って踊れるだけでなく、彼のように役者としても独り立ちしているタレントを出したことは、今後の事務所の展開に大きな可能性を示したと思います」(テレビ局関係者)

昨年5月には、所属タレントとして初めてインスタグラムを開設。SNSに消極的なジャニーズに認めさせたことは、彼の存在感の現れだろう。

だが、山下といえば過去に数々の女優とオープンな交際をし、アイドルらしからぬ行動が問題になったことも。‘14年には六本木で携帯電話を奪って破壊するなどのトラブルを起こし、器物損壊容疑で書類送検されたこともある。

「表向きは処分されませんでしたが、昨年ジャニーズ事務所の社長に就任したジュリー藤島氏は、当時かなり激怒したと聞いていますよ。山下は事務所から仕事を遠ざけられ、出演していたCMは別のジャニタレにスイッチ。しかも、彼が主演していた『コードブルー』も、“3rdシーズン”では別の若手タレントを主演に替えることを事務所サイドがフジテレビに打診したこともあったようです。

しかし、局側は頑としてその点だけは譲らなかったようで、結果的に映画がバカ当たり。その年の邦画興収1位になりましたからね」(前出・テレビ局関係者)

映画の大ヒットにより、山下は再び事務所の稼ぎ頭のひとりに。だが、彼の処分を躊躇しているのは、存在の大きさとは別の理由もあるという。

「それは、同席していた亀梨のことでしょう。彼は山下のように女性を“お持ち帰り”してはいませんが、飲酒の場には同席していたと報じられています。となると、山下を処分すれば当然、彼にも何らかの制裁を下さなければならない。だが、8月28日には亀梨の主演映画の封切りが控えています。事務所サイドが彼らの処分に紛糾しているのは、そんな状況もあるのでしょう」(芸能プロ関係者)

そんな中で注目されているのが、昨年ジャニーズ本体の副社長に就任した滝沢秀明氏の決断だ。

昨年はジャニーズJr.の5人組グループ「HiHi Jets」の橋本涼、作間龍斗のプライベート写真がネット上に流出。今年3月には「Snow Man」の岩本照がデビュー前のJr.時代に、未成年女性と“ラブホ合コン”していたことが発覚し、活動自粛処分を受けている。

「彼らへの厳しい処分を決断したのが、滝沢氏と言われています。実績のある山下ですから対応に慎重になるのは理解できます。ただ、甘い処分を下せば、それこそ他のタレントに示しが付かない。就任当初からスキャンダルには厳しく対処してきた滝沢氏ですから、このまま“うやむや”に済ませるとは思えませんが……」(前出・芸能プロ関係者)

山下が尊敬する一人として滝沢氏の名前を挙げるほど、2人の関係が強固なことは、ファンの中では有名な話。それだけに、滝沢氏がどんな処分を下すのか、注目されるところだ――。

Photo Gallary1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事