令和の怪物・佐々木朗希は一軍帯同で「極秘調整中」

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
吉井コーチ(右)と投球フォームについて相談する佐々木(中央)。プロ入り後まだ実戦マウンドにはあがっていない

高校生最速の163kmマークし、「令和の怪物」と呼ばれる佐々木朗希(18)。鳴り物入りでロッテに入団したが、プロ入り後の動向があまり伝わってこない。なぜなのだろうか。

「吉井理人・一軍投手コーチが練習メニューを考え、調整中だからです」

こう話すのは、ロッテの球団関係者だ。

「吉井さんは筑波大大学院でスポーツと健康について学び、日本ハムのコーチ時代に大谷翔平を指導した実績があります。佐々木は二軍に所属していますが、特別に一軍の帯同が許されている。一流の選手の動きや言動を見て勉強してほしいという、吉井さんの考えです。ただ堂々とグラウンドにいてはファンや報道陣の目にさらされ、本人も居心地が悪いでしょう。基本的に、練習は屋内で行われています。

トレーニング内容や本人の言動は、あまり報じられていません。サンケイスポーツ出身の広報担当者が、月に一度ほど佐々木の肉声を産経新聞に寄せているぐらい。球団は、それだけ佐々木を大切にしているんです」

佐々木は5月26日にシート打撃のマウンドに上がり160kmを出したが、その後身体の張りを訴えた。まだ試合には登板していない。

「高校を卒業したばかりで160kmを投げるんですから、ポテンシャルがあるのは間違いありません。ただ体力は、プロで通用するレベルではない。馬力のあるエンジンを搭載していても、車体のもろい車のようです。球団は将来のエース候補をムリに投げさせ、ケガをさせたくはないでしょう。キャッチボールはしていますが、練習は筋トレ中心。まずは体力強化に専念させようというのが、吉井さんのプランのようです。

佐々木は大船渡高の國保陽平監督の方針で、連投を避けてきました。18歳以下の野球ワールドカップでも、投げたのは1イニングだけ。シーズン通じで投げるには、もう少し時間がかかるでしょう」(同前)

「寮の食事が美味しい」

ただ身体は、プロ向きに成長しているようだ。

「佐々木はもともと食が細く、身長は190cm以上あるのに体重は80kgほどしかありませんでした。昼食を抜くこともあった。ロッテに入団してから変わりましたね。本人は『寮の食事が美味しいんです』と語り、ご飯も毎食どんぶりで2杯以上食べているとか。高校時代とは、見違えるような身体になっています。胸の幅など、驚くほど厚くなっているんです」(スポーツ紙担当記者)

佐々木の投球を実際に見て動作解析を行った、筑波大学野球部監督の川村卓准教授が語る。

「開幕前に吉井コーチと話したことがあります。吉井コーチは、こう語っていました。『佐々木には、まずプロの通用する身体を作ってほしい。ただ、二軍でのんびりしてもらっては困る。一軍に上がった時にギャップを感じてしまうから。厳しい雰囲気にも慣れてほしいんです』と。

今年6月に佐々木を見ましが、だいぶ身体が大きくなっていましたね。160km投げても、あれだけ大きければ、高校時代より腕やヒジへの負担は減っているでしょう。ただ登板後の疲労をスグに回復させるには、まだ十分ではありません。一軍に帯同させ、体力作り中心のトレーニングを行う吉井コーチの方針に賛成です」

いまだベールを脱がない「令和の怪物」。一軍のマウンドに上がる日のために、着実に力を増しているようだ。

  • 写真時事通信社

Photo Gallary1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事