イケメン美容師見習いが…路上で女性の下着に手を入れた歪んだ動機

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
送検される八重樫容疑者。手越祐也似のイケメンで女性にも人気があったようだが……(手首周辺など画像処理しています)

改札口を出た直後から、男は女性の後を追っていた。追尾すること7〜8分。閑静な住宅街に入り人通りがなくなったのを確認すると、男は背後から女性の左肩を掴む。驚き抵抗する女性を無視し、男は下着の中に手を入れ彼女の胸に触れたーー。

8月26日、20代の女性Aさんにわいせつな行為をしたとして、自称・会社員の八重樫虎之介容疑者(20)が逮捕された。事件が起きたのは、6月10日深夜のことだ。

「現場は東京・目黒区の東急目黒線・西小山駅近くです。八重樫容疑者は、帰宅途中だったAさんを駅から650mほど追尾し抱きついた。八重樫容疑者はAさんの胸を触るなどして、逃走したそうです。

Aさんはスグに警察に被害届を提出。防犯カメラの映像などから、八重樫容疑者が加害者として浮上しました。警察の調べに対し『知らない女性の胸を触る行為に好奇心があった。どうしても触ってみたかった』と容疑を認めています」(全国紙社会部記者)

送検時の写真を見てもわかるとおり、八重樫容疑者は好青年に見える。明るい茶色の髪に小顔……。東京・原宿にあるオシャレな有名美容院で、美容師見習いとして働いていたことも判明した。

「手越祐也似のイケメンです。接客態度も礼儀正しく、女性客からも人気があったとか」(八重樫容疑者の知人)

見知らぬ異性に興味

美容師を目指す女性に人気のイケメンが、なぜ性犯罪に走ったのだろうか。知人が続ける。

「(八重樫容疑者は)モテましたよ。ただ女性に言い寄られても、なぜか積極的に応じようとしない……。交際しても長続きしないんです。今回『知らない女性の胸を触る行為に好奇心があった』と話していると聞いて、妙に納得してしまいました。見知らぬ異性にしか、興味を示せなかったのかもしれません」

元兵庫県警刑事の飛松五男氏が語る。

「わいせつな行為を犯す美男子は、以前からいました。彼らはモテることに関心が薄い。主婦、女子高生、制服を着たOLと、自分の性的趣味に合う異性にしか興味を示さないんです。趣味に合わない女性から言い寄られると、いくら美人でも鬱陶しく感じてしまう。周囲がいぶかしがるのも当然でしょう。

八重樫容疑者の興味は、知らない女性だそうですね。余罪がある可能性が非常に高い。今回同様、人気のない夜間に犯行に及んだと思われます。服の上からでなく下着の中に手を入れ、しかも路上となれば強制わいせつの重罪になります」

女性に人気の若いイケメンが……。歪んだ欲望が、男の将来を大きくキズつけてしまった。

  • 撮影蓮尾真司

Photo Gallary1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事